2018/06/23 22:00

山羊座、水瓶座、魚座の恋愛運…愛し愛される幸福期にいるのは?

2018年下半期・山羊座、水瓶座、魚座の恋愛運をご紹介します。監修はオフェリア・麗さんを代表とするG・ダビデ研究所です。
■ 山羊座:もどかしさこそ愛の知らせ。たじろがず峠越えの覚悟を。

恋の守護星・金星は、初めスピーディに歩を進め、やがて天頂で逡巡。縁はすぐにも生まれ育っていくのに、最後の関門をなかなか越えられません。特に7~8月は、成り行きに押し流されて案の定、後悔しがち。胸の高鳴り、焦燥感、言い知れぬ不安、嫉妬…、そんな息苦しさとないまぜになった情動こそ、愛の正体。それが感じられない相手とは、速やかにお別れするのが後々のためでしょう。

9月後半~10月初頭は、年内最大の発展期。男性のふとした表情やしぐさにドキッとして、たちまち燃え上がりそう。お互い本気なら、1か月以内にメイクラブ、お披露目とトントン拍子に進むのがお約束。一方、妥協の産物や惰性の関係は、ひと悶着起きて自然消滅する寸法に。

木星が座を移る晩秋は、見えない脅威や不安が暴発。ここを乗り越えられるかで、愛のロードマップは激変します。危険な誘惑、怪しい動向、不穏な噂などに惑わされず、絆を紡いで。脱シングルは、何かとイベントの多い年末がラストチャンス!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭を押さえつけられるような気分で、ややユウウツ。いつも通り...もっと見る >