2019/06/19 20:30

モテる=ウケること、度が過ぎるとモテる? 「モテの定義」とは

モテる=ウケること、度が過ぎるとモテる? 「モテの定義」とは
モテる=ウケること、度が過ぎるとモテる? 「モテの定義」とは
人気インフルエンサーやCMクリエイター、アナリストなど「モテる」の秘密を敏感にキャッチしている4人に聞いてみた。今どきの、誰からもモテている人や支持を集めるモノやコトに共通している定義やキーワードって、いったい何ですか…?

■ 自分の世界観を持ち、とことん追求する。「丸く尖る」オタクな人。

「趣味や好きなことをとことん突き詰めるという意味で、尖っている、芯のあるオタクの人はモテると思います。“これが好き!”と発信している人や、引き出しがいろいろある人のほうが、人は話しかけやすいですよね。それに、人間関係はキャッチボールだから、いくら相手のすごいところを褒めたりアプローチしたとしても、自分に何もなければ興味を持ってもらえない。特に同性の場合は、また会いたいかといったら、難しいですよね。自分が好きなことをハッシュタグや肩書としてたくさん持つことが大切です」(モテクリエイター・ゆうこすさん)

「日本人は、“愛すべきバカ”という言葉があるように、“超”とか“バカ”が付くくらいまで度が過ぎると愛しちゃうんです。『アメトーーク!』の○○芸人もそう。それは、『自分だとこれだな』と自らに当てはめ共感できるからだと思います。ちなみに、『アタックZERO』のCMでは、洗濯バカを描きました」(クリエイティブ・ディレクター・篠原誠さん)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ちょっとしたユーモアが幸運を招くカギ。まわりの人を笑わせて...もっと見る >