2019/07/09 19:30

もっと会いたい…男が「2回目のデート」に誘いたくなるテクとは?

もっと会いたい…男が「2回目のデート」に誘いたくなるテクとは?
もっと会いたい…男が「2回目のデート」に誘いたくなるテクとは?
意中の彼に好意を持ってもらいたい……。そんなとき、手書きの「ラブレター」を使えば成功するかもしれないという説が! その理由と、ラブレターが彼の心をわしづかみにする書き方を紹介します。
文・椎原茜

「ラブレター」と聞くと、「今の時代にあり得ない」「古臭い」なんて思うかもしれません。でも、意外と手紙は人の心に響くもの。メールやチャットが当たり前の今だからこそ、あえてラブレターという手段で彼の心をつかんでみませんか?

今回は、恋愛学の第一人者として知られる早稲田大学 森川友義教授に、ラブレターの書き方のポイントや例文をレクチャーいただきました!

■ 「手紙」のメリットは「好感度が上がる」「手書きだからこその温かみ」

意中の相手に自分の思いを伝えたいとき、「手紙」を選ぶことはどんなメリットがあるのでしょうか?

結婚相談所のツヴァイが2018年8月から2019年2月に実施した「手紙」を婚活に活用するサービス「お手紙婚活サポート」において「手紙」を受け取った側、47名(20代~50代の男性:22名、女性:25名)に対して事後アンケートを行ったところ、約半数が「手紙」をもらって「嬉しかった」、約3人に1人が「お相手に興味がわいた」と回答したといいます。

またメールやLINEなどのSNSと比べて、気持ちの伝わり方に違いを感じたかという問いには、47%が「そう思う」、40%が「やや思う」と9割近い人が肯定的な回答でした。

さらに、ネオマーケティングが2016年2月に実施した「手紙と対人コミュニケーション力に関する調査」でも、71.0%が手紙を受け取ることで好意度が上がると回答しています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >