楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/08/24 18:30

もっと若かったら…? ガチでキレた「最悪な男」エピソード

もっと若かったら…? ガチでキレた「最悪な男」エピソード
もっと若かったら…? ガチでキレた「最悪な男」エピソード
一念発起して婚活パーティへ挑んだのに、出会った男がとにかく最悪だった!……なんてことは婚活市場ではよくあること? 今回は、3名のアラサー女性からうかがった婚活パーティで出会った最悪な男たちとの出会いエピソードをご紹介します。
イラスト・角佑宇子

■ モテ度を試したかっただけの既婚者男


「3回ほど婚活パーティに参加したのですが、本当に全くと言っていいほど素敵な人が現れなくて『婚活パーティなんてこんなものか』と諦めていた時に、気の合う男性に出会いました。彼は営業職ということもあってか、とても話がおもしろく紳士的な人でした。

見た目はどこにでもいる普通の男性なんですが、非常に気遣いのできる方で婚活市場には珍しいほどの優良物件。おのずと私も気持ちが傾くようになりました。しかし、いよいよ本格的なお付き合いが始まるかなというタイミングで、実は既婚者だったということを告白されました。なんでも、結婚して10年以上経つ自分が他の女性からみて男として見られるのか、モテ度を試したかったのだとか。

『お遊びのつもりで参加したけど本気になっちゃったから、君と付き合いたい』って……不倫の時点で本気も何もないだろうがっ!!」(30歳・看護師)

■ オンラインとオフラインで人が変わる男


「婚活に来る男性って、こう言っちゃなんですがちょっとコミュニケーションを取るのに苦手意識が強い人が多い印象ってありません? 実際、私が出会った男性の多くは会話が続かない人が多かったです。こちらから何か質問を投げかけても『はい』『いいえ』で終わりな感じ。

ある婚活イベントで出会った男性も、そのタイプでした。でも趣味などの共通点もあって他の男性に比べるとまだ話しやすいほうかなと思ったのでLINEを交換することに。だけど、LINEを交換してびっくり。

寡黙な印象の彼とはうって変わってLINEでは『今日はありがとー! ゆみこちゃん、すっごく話しやすくて感じ良かった♪ さっそく来週の土曜日、食事行きましょう!』というテンションアゲアゲなご様子。本当に同じ人間? と首を傾げてしまいました」(33歳・会社員)

■ 余計なひと言が鼻につく男


「私が出会った男性は、余計なひと言が多い人たちばかり。『本命の女性がいたけど、その子が別の人とカップル成立したのであなたのところに来ました』と正直すぎて全く嬉しくもないアプローチをされました。また、別の婚活パーティでは『もうちょっと若かったら最高だったな』と正面を切って言われたこともあります。若かったらって……私は32歳で、相手は41歳ですよ? あなたよりも、断然若い私がなぜオバサン扱いをされなくてはならないのか本当に最悪でした。

私もたいがい失礼ですが、こういうこと言っちゃうから相手が見つからないんじゃないかと納得するほど、嫌味な感じ」(32歳・会社員)

■ 期待しすぎないくらいがちょうど良い?

婚活パーティとひと口にいってもピンキリ。高い会費を払えば、必ず良い条件の男性が見つかるとも限りませんし、見つかったとしても好きになれなければ意味がないですよね。それほどマッチングは難しくもあるので、1回のイベントで必ずベストな相手を見つけようと躍起になるよりも、良い人がいたらラッキーくらいの気軽なノリのほうが結果として良い相手を見つけやすいのだとか。



【関連ニュース】
今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >