2017/09/02 08:00

「ヤマタノオロチが暴れて入れないから踊ろう?」 耳を疑った寝言

甘い夢から覚めたあと、待っているのは修羅場かも…?
甘い夢から覚めたあと、待っているのは修羅場かも…?
 どうにもコントロールすることができないもののひとつが寝言。お泊まりデートで笑われてしまったことや、寝言がきっかけで予想外の修羅場に発展してしまった…なんてことはありませんか? 思わず耳を疑った、疑わせてしまった「おかしな寝言」について聞いてみました。

●吸われた?
「彼女が泊まりに来たときに『チュパカブラ』と言っていた。翌日、聞いても夢の内容は覚えていないらしく、謎のまま……」(岐阜・24歳男性)

 思わずググってしまいたくなる『チュパカブラ』。南米でよく目撃される吸血UMAをチュパカブラと言うそうです。

●どこか神秘的…
「神話伝説の地方に旅行した翌日の夜、彼が寝言で『ここの駐車場、ヤマタノオロチが暴れて入れないから踊ろう?』と。まさか駐車場に現れたヤマタノオロチを鎮めようと…?」(東京・26歳女性)

 彼はヤマタノオロチを鎮めることができたのでしょうか…。

●寝ながら報告
「自分が小学生のとき、夜中に突然祖母の部屋を訪ねて、『宿題終わったー』と言ったらしい。寝言だけならかわいいものだと思うけど、離れた部屋まで歩いていったのだから怖い」(東京・28歳女性)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >