2017/10/04 08:00

言わないのではなく言い換える! 口ぐせの直し方

口ぐせは説得力を下げる一因にも!?
口ぐせは説得力を下げる一因にも!?
 程度の差はあるにせよ、「口ぐせ」がある人は多いと思います。また、気づかないうちに、その口ぐせで損をするということもしばしばあるようです。口ぐせってどのように直したら良いのでしょうか? 話し方を指導するスピーチトレーナーの高津和彦さんに、口ぐせを直すコツを聞きました。

■口ぐせがもたらすデメリット

 口ぐせを直すためには、「まず口ぐせの悪影響を知ることが大切」と高津さん。

「本人の思っている以上にデメリットをもたらすのが口ぐせ。使い方やタイミングに問題ないワードでも、それを繰り返すと相手の耳に付いてしまいます。すると聞き手はそちらにばかり注意が行き、話の内容が入ってきません。これは仕事でも普段の会話でも、自分の足を引っ張ります」(同)

 確かに、何度も同じフレーズを繰り返す人と話すと、途中からその言葉ばかり気になってしまいがち。説得力が落ちる一因になるかもしれません。

 しかし、「自分の口ぐせに気付かない人がほとんど」だと高津さん。もし他人に指摘されたら、その場限りの話で終わらせないことが重要のようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >