2017/10/24 08:00

“冬になると人恋しい”… この気持ちにはちゃんと理由があった!

寒い時期ほど独り身が寂しく思うのは気のせい…じゃない!
寒い時期ほど独り身が寂しく思うのは気のせい…じゃない!
 あぁ、寒い…。“冬は人恋しくなる季節”と言われるだけあって、寒さが厳しくなるにつれて、独り身の寂しさが増してくるような気すらします。でも、よく考えてみれば、“冬は人恋しい”って、何か根拠があるの? 人恋しい気持ちに夏も冬もないような…。

「“人恋しい”とは、なんとなく人に会いたい、話がしたいと感じる気持ちのことですが、ちゃんとした心の裏付けはあります。身体的な理由と文化的な理由の相乗効果で、冬は人恋しさが増す仕組みなんですよ」と教えてくれたのは、恋愛科学研究所所長の荒牧佳代さん。

【身体的な理由】
■心が不安定になるから

「冬になると、心のバランスを整えるホルモンである“セロトニン”の分泌量が減ります。セロトニンは、朝日が昇る朝から昼間にかけて分泌が活性化され、太陽が沈むと徐々に分泌量が減っていくため、日照時間が短い冬は自然と分泌量が減ってしまい、心が不安定になりやすくなるのです」(同)

 なるほど、冬の“なんだか落ち着かない”気持ちには、ホルモンが関係していたんですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン