2017/11/27 08:00

「毎回同じ説明を…」 親戚づきあいで“心底面倒だ”と思う瞬間

いろいろな世代、会話が飛び出すだけに…?
いろいろな世代、会話が飛び出すだけに…?
 年に数回しか合わない親戚。久しぶりに会うと互いの近況や子どもの話が尽きず楽しいものですが、場合によっては少しおっくうに感じてしまうこともあります。「親戚づきあいで心底面倒だと思う瞬間」を聞きました。

●独身者たちの「親戚づきあいが面倒に感じる瞬間」
「頻繁に会うわけではないから、自分の叔父や叔母に会うたびに『今何歳だっけ? 仕事何やってるの?』と聞かれる。そんな頻繁に転職しないから毎回同じ説明を」(東京・32歳女性)

「毎回、親戚のおばさんに『次(の結婚)は○○ちゃんじゃない?』と言われること。言われ続けてはや3年ですが……」(神奈川・29歳女性)

「一時期、仕事を辞めて無職だったときの親戚たちからの憐みの目」(大阪・27歳女性)

 親戚づきあいが少ないイメージのある独身者たちも、年末年始や冠婚葬祭の折などにはつきあいを避けることはできません。面倒に感じても、いずれも親心のような優しさから生まれている言動だと思って受け答えしたいですね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

意見を押し通したくなる日。仕事面ではプラスだけど、プライベ...もっと見る >