2018/01/14 08:00

子どもながらに「いやいや世間はそんなに甘くはないだろ!」と思った父親の一言

お父さん、まだそんな夢をもってるの?
お父さん、まだそんな夢をもってるの?
 父親も不完全な人間のひとり、たまにはとんでもなく見当違いな発言をしてしまうことも……。子どもの頃に「いやいや世間はそんなに甘くはないだろ!」と思った父親の一言について、ヒトメボ読者に聞いてみました。

●無謀な夢をもっている
「中学生のとき、会社勤めの親父が急に『キャンピングカー買って日本全国を放浪するのはどうだろう』って夕食の時間に言い出したときはさすがに『何言ってんだこの人』って呆れましたね。たぶん会社で嫌なことでもあったんでしょう」(東京・31歳男性)

「若い頃、壮絶な恋愛をたくさんしてきたと豪語する父が『昔の恋愛を題材に小説書くかな〜』って言ったときは即座に『そんなもん誰も読みたくないわ』って言い捨てましたね」(鳥取・24歳女性)

 いつもは立派な父親でも、たまに発する無謀な一言を聞くと「自分がしっかりしなきゃ」と背筋が伸びますね。

●「から」が理由になっていない
「小学生の頃、水族館に行った際に父が窓口の人に『わざわざ◯◯市から2時間かけて来たんだから、少しはまけてくれ』と値下げ交渉していたときは、もう恥ずかしくて最悪でした」(千葉・29際女性)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >