2018/08/10 12:00

持ち手に点火、バケツにジュッ…… 手持ち花火の思い出

手持ち花火の思い出といえば?
手持ち花火の思い出といえば?
大規模な花火大会もワクワクしますが、手持ち花火を持ち寄って身近な人たちと楽しむのも一興。とくに幼少期は、海辺や家の近所などでよくやりましたよね? 手持ち花火の思い出について、ヒトメボ読者に聞いてみました。

●線香花火の点火する側を間違える
「線香花火はどっちに点火したらいいのかわからなくなる。普通の花火は、ヒラヒラがついてる方に火をつけるけど、線香花火はそっちが持ち手なんですよね……。毎回ちょっと考える」(徳島/29歳女性)

線香花火には「スボ手」と「長手」の2種類があるそう。おそらく多くの人に馴染みがあるのが、カラフルな和紙に火薬が包まれた「長手」。持ち手にヒラヒラがあるため点火する側を間違えやすいよう。

●バケツにジュッ…
「終わった花火をバケツの水にジュってつける瞬間が楽しい。『鎮火したぜ!』って感じ(笑)」(神奈川/32歳女性)

〝ジュッ〟というあの音が良いですよね。家に帰るまでが遠足なら、バケツで鎮火するまでが花火です。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >