2019/03/14 08:00

ブランド物のスカーフ、お歳暮みたいなもなか… 張り切りすぎた母が選ぶホワイトデーのお返し

お母さんが代わりに選んだホワイトデーのお返し、どんなのだった?
お母さんが代わりに選んだホワイトデーのお返し、どんなのだった?
バレンタインチョコをもらった男子たちに待ち受ける、ホワイトデーのお返し。子どもにとってはちょっと面倒な気持ちもありましたよね。そんなとき助けになってくれるのは母親ですが、母親の選ぶお返しはときに息子が想定していたものと大幅に違うことも……。「ホワイトデーに張り切りすぎた母親がやりがちなお返し」についてヒトメボ読者に聞いてみました。

■高価すぎるお返し
「中学生のとき僕が初めて“本命チョコ”をもらって帰ってきたら母親が本当に喜んで、ホワイトデーのお返しに『女子はこういうのを喜ぶのよ』と、ブランド物のスカーフを買ってきました。でも、お返しにしては高すぎるし、普通に大人の女性がもらって喜ぶレベルの品を同級生から渡されても絶対引かれると思ったので、母には丁重にお断りして普通のハンカチに替えてもらいました。嬉しく思ってもらえるのはありがたいけど、限度があると思いました……(笑)」(山梨・28歳男性)

中学生が渡せるチョコレートの値段を考えると、あまり高級なお返しはかえって相手を恐縮させてしまいそうです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱいで過ごせるラッキーデー。積極的にいこう。今日始...もっと見る >