2017/12/07 08:45

日米の“ひとりH事情”が違いすぎてビックリ!その理由とは

工藤まおりさん
工藤まおりさん
 TENGAが日本とアメリカでひとりHに関する意識調査を行ったところ、かなり興味深いことが判明したというので、同社の女性向けセルフプレジャーアイテムブランド「iroha」の広報・工藤まおりさんに話を聞きました。

◆アメリカでは女性の42%がアダルトグッズを所有

「自社で調査したデータによると、アメリカ人女性の約42%がセルフプレジャーアイテム(バイブ、ローター、ディルドなど)を持っているんです(調査対象:アメリカ人口の標本サンプル 1,200名)。

一方、日本人女性の所持率は約19%(2017年11月/TENGAによる調査)。近年少しずつ伸びてきているのは実感するんですが、まだ使ったことがない人が大半だと思います」(工藤さん、以下同じ)

 なんと日本の2倍以上!

「日本でいわゆるアダルトグッズが売っている場所として連想するのは、ちょっと入りづらい男性向けショップだと思いますが、欧米ではランジェリーショップから派生したお店が多く、店のつくりから取り扱い商品まで女性客を意識していて、店員も女性が多いんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >