2017/12/14 08:45

出会えるバーと人気の「スイッチバー」。30代女1人で“誘われるか”試しに行った

おしゃれな内装の茶屋町店
おしゃれな内装の茶屋町店
 12月1日、銀座コリドー街にオープンした「Switch bar」(スイッチバー)。大阪には既に5店舗あり、かねてから人気がある“ナンパバー”です。

 ナンパバーといっても、相席居酒屋や街コンとはどう違うのか? 実際に出会いはあるのでしょうか?

 女30代の筆者が、大阪のスイッチバーに1人で行って検証してきました。

 大阪のイベント企画会社が経営する「スイッチバー」は、1号店が2015年にできて以来、人気上昇中。

 料金は全店一律で、男性はオールタイム3000円(ドリンクチケット6枚付き)、女性は18時~23時1000円、23時~LASTは600円(各ドリンクチケット2枚付き)です。

 追加で飲みたければ1枚300円のチケットを買って、フード&ドリンクは1チケットから。安いですよね。

 また、1店舗に入店すると、当日であれば全店のスイッチバーに入店できます。今回はこのサーキットシステムを利用して、大阪梅田にある茶屋町店、阪急駅前店、東通り店を回ってきました。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >