2017/05/12 20:00

小学校のクラス替えに衝撃を受ける長野県人の話|プチ鹿島の余計な下世話!

 みんなと同じだと思ったら、全然ちがっていたという経験はないだろうか。特に育った地域での慣習について。私の場合、まず衝撃を受けたのは「無言清掃」である。

 小・中学校の清掃の時間は私語禁止だった。黙々と清掃する決まり。これは世の常識だと思っていたが、どうやら私の出身地である長野県だけの慣習らしいことをずいぶん大人になってから知った。

 数年前にバラエティー番組で取り上げられたらしく、放送後にいろんな人から「長野県て清掃時間に喋っちゃいけないの?」と聞かれた。何を当たり前のことを言ってるのだと思ったが、「あり得ない」「信じられない」と驚かれた。

 ショックだった。でも確かに考えてみるとおかしい。いかに綺麗にするかというより「いかに黙って行うか」のほうに重点が置かれていたように思うからだ。

 小学校の頃は清掃時間に「紅白帽」の着用を義務付けられていた。班長に私語を指摘されたら帽子の色を白から赤に変えなくてはいけない。みんなが白のなかで、ひとりだけ赤は目立つ。その恐怖で無言清掃を受け入れていた。あれが地域限定の恐怖だったなんて......。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >