2017/05/21 20:00

[TOKYO R30]第20話 幸せになるための権利

何度もデートを重ね、キスもした男友達の翔。でも「付き合ってください」の言葉がない。瑠璃はもやもやした日々を過ごしていた。

このまま宙ぶらりんの状態はいや。次に会ったら絶対に聞く!  と、意気込んだものの、なかなか勇気が出ない。

こわい。実際に聞いてみて、ふられたらどうしよう。だってもともと、友達同士だし。友情から愛情って芽生えるの?  私は好き。でも彼はどう思ってるの。ふられるくらいなら、このままの関係でいたい。

瑠璃はどんどん不安の渦に引き込まれる。告白してくれないなんて、なにか理由があるのかも。もしかして他に女がいるとか。考えるほどに胸がキシキシと痛む。

でもでも、もしかしたら、次に会った時に告白されるかもしれない。私といる時は楽しそうだし。普通、好きでもない女と何度も食事に行くと思う?

淡い期待と、対極にある不安の闇。瑠璃は2つの想いで葛藤した。

  ◆

たまりかねた瑠璃は、人気の占い師のもとを訪ねた。同僚たちの間で評判の女性占い師。瑠璃はその日、足早に会社を出て、とあるショッピングビルの7階に向かった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >