2017/07/02 20:00

[TOKYO R30]第22話 彼女からのLINEに動揺する大輔。忙しい男の実態とは?

麗香の恋人である大輔は、今日もオフィスで泊まり作業をしていた。スタートアップITの幹部に引き抜かれて数ヶ月。帰れない日々が続くが、立ち上げ当初なんてこんなもの。結果を出さなければ、投資家にも顔が立たない。
そのプレッシャーは、一層のモチベーションとなり、男の気分を充実させる。これまでで一番仕事を楽しんでいる自分に酔っている自覚があった。

オフィスはマンションの一室。一角にある赤いソファでは、別のスタッフが仮眠を取っている。24時間働くのは、この世界ではどうってことない日常なのだ。

 ◆

大輔は、商談を兼ねた飲み会を終えて、オフィスに戻ってきたばかりだ。少しだけ、デスクに突っ伏して仮眠を取ろうとしていた。もう3時だ。1時間寝て、1時間作業をして、朝に何時間か眠ろう。

なんて考えていると、ブブっと、スマホが鳴った。オフィスの煌々とした電気がつくなか、蜘蛛の巣型のヒビが入ったスマホ画面を、のそっと覗く。

誰だろう?  クライアントかな。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >