2017/08/06 20:00

[TOKYO R30]第27話 「なんか、うっとおしい」同棲カップルは必ず通る道…?

「私、あなたの家政婦じゃない!」

土曜の朝、翔にぶつけた言葉が胸に刺さる。言いたくて、言ったんじゃない。怒りたくないのに、いつも怒ってしまう。感情のコントロールができない。

きっと翔を傷つけた。

なかなかリラックスできない同棲生活。気が付けば、部屋のカレンダーは8月になっていた。強くまっすぐな真夏の光線が、窓から斜めに入ってくる。おそるおそる窓を開けると、むせかえる緑のにおいが身体を包んだ。

 ◆

翔と口を利かなくなって3日目。瑠璃は近くのオフィスで働く大学の同期・未希とランチの約束をしていた。未希は同じサークル出身の旦那がおり、翔とは共通の友人だ。

「最近、どう?」

こんな言葉から、2人は近況報告を始める。しかし、瑠璃はう~っと眉間にしわを寄せて唸っている。未希はメニューをたたみながら、瑠璃の様子をうかがった。

「翔とどう? 一緒に住んでるんでしょう?」

「うーん……。なんか最近うっとうしっくて。あまり一緒にいたくないの。冷たくしちゃうし。この前も怒鳴っちゃて、口聞いてないの。うちら相性悪いのかも」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >