2017/04/20 23:30

今のナシで…!男がうっかり送っちゃった「下心丸出しのLINE」3つ

男女のコミュニケーションに欠かせないLINE。メッセージを送り、女性と仲良くなろうとしている男子も少なくありません。しかし、誰にでも“うっかり”はあります。女性の気を惹こうと頑張ったのに、何らかの理由からLINEで“下心が丸出し”になってしまった……なんてこともあるというのです。それは一体どういうことなのでしょうか?

1:「今晩どう?」

「平日の夜、女の子に“もし今から時間あれば一杯飲みに行かない?”って送ろうとしたんです。そのときに何を血迷ったのか、“今晩どう?”って送っちゃったことがありますね。“誘ってる感じ”がダイレクトでヤバいなぁと思いました」(Aくん、27歳/会社員)

確かに「今晩どう?」なんてLINEが送られて来たら、エッチな感じがしますよね。でも、どうしてそんなことになってしまったのでしょうか?

シンプルな文面を意識し過ぎて……

「シンプルな文章を書こうとしたんです。LINEで長々と文章を書くと、“狙ってます感”が出ちゃうので、さりげない感じを出そうとして失敗しました」(Aくん)

一行くらいの短いメッセージをやり取りすることが多いLINE。メールのように長々と文章を書いてしまうと、“重い”雰囲気が生まれてしまいます。

Aくんは、それを避けようとして、シンプルな文面を追求した結果、「今晩どう?」というメッセージを生み出してしまったのだとか。

ちなみに、送った相手からはちゃんと返事が来て、無事に二人で飲みに行くことができたそうです。よかったですね。

2:「二人だけでゆっくり飲もうよ」

「女の子と飲みに行く話をしてたときに、誘っていた他の子が来られなくなったんです。彼女は“延期する?”って言ってきたんですけど、僕は“二人だけでゆっくり飲もうよ”って送っちゃったんです。後で読み返して、下心見え見えだなぁって反省しました」(Bくん、27歳/会社員)

他のメンバーが参加できないから、二人で飲もうよ……。当たり前の流れですし、一見、問題なさそうに見えますが、どこが問題なのでしょうか?

“二人で”というキーワードはNG

「まだ付き合いの浅い子に、“二人で”とか、“二人だけで”って言っちゃダメなんですよ。“この男、私のこと狙ってるんだな”って、相手に警戒心を抱かせちゃうんです」(Bくん)

まだ関係が深まっていない女の子に対して、“二人だけで”というキーワードを使ってはいけないと言うBくん。“二人だけで”と文章にしてしまうと、相手に警戒感を抱かせる原因になると考えているのだとか。

確かに、二人っきりで会うのって、つまりデートですもんね。女の子によっては「デートなんだったらNG」と答える子がいてもおかしくありません。

できるだけデートっぽくならないように女の子を呼び出すため、男性は下心を感じさせる“二人で”というワードを避けているのでしょう。

3:「翌日のこと気にしなくて済むし」

「女の子と会う日を決めている際、金曜日の夜に飲むことになって、LINEで“翌日のこと気にしなくて済むしね!”って送ったことがあります。純粋に“明日休みだしね”って意味だったんですけど……」(Cくん、26歳/会社員)

女性にそんなLINEを送ったところ、「私、終電で帰るからね!」と、念を押す“警戒LINE”が返ってきたと言うCくん。何気ないメッセージだったのに、相手の女性を警戒させてしまったのだそう。

「えっ、私、お持ち帰りされちゃうの?」と警戒された

「たぶん“お持ち帰り狙ってるのかな?”と思われたんでしょうね。まぁ、心の片隅でそう期待していたのも事実なんで、その期待が文面に滲み出ちゃったんだと思います」(Cくん)

心のどこかで「もしかしたらお持ち帰りできるかも……」と期待していた気持ちが、LINEの文章に現れてしまったのではないかとCくんは分析しているようでした。

「実際にその子、終電で帰っていきましたよ。やっぱり、飲んでいる最中も何となく警戒されている気がしました。LINEって怖いですね(笑)」(Cくん)

女性としては、“お持ち帰り”を狙っていそうな男性を警戒するのは当たり前のことですよね。彼からのLINEを読み、「もしかして……」と何らかの下心を感じたら、念のために注意しておくのは、自分の身を守るためにも重要なことです。

いかがでしたか?

何気ないメッセージでも、その奥底には男性の下心が隠れていることは少なくないのです。彼のLINEを深読みすれば、その文章に隠された“男性の下心”が見えてくるかもしれませんよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >