2017/05/20 07:10

結婚前から気付いてた!? 夫婦の相性は「直感」を大切にすべき理由

結婚後いつまでもラブラブな夫婦もいれば、残念ながら相性が悪いことに気づく夫婦もいます。「一緒に住んでみなければ本性はわからない」と言われますが、ゴールイン前に気づくコツはないのでしょうか? 今回は、大阪歯科センターの「夫婦の噛み合わせに関する調査2017」を参考に、結婚前の直感が大事な理由と夫婦不仲に陥る時期に迫ります。

夫婦間に違和感がある人は……まさかの1/4!?

全国の30~69歳の既婚者2,000名(夫1,000名、妻1,000名)を対象に実施した同調査で、「夫婦の噛み合わせ(相性)に違和感がある」と言う人は450名にも達しています。

これって、およそ1/4から1/5ですから、割合としては相当なものですよね。

結婚してから「相性悪かったッ!」と気づいてしまうのは悲劇。ならば、いつ頃から兆候が出るものなのでしょうか!?

夫婦の相性に違和感を覚え始めた時期は……

違和感がある人たちに「夫婦の噛み合わせ(相性)の違和感を覚えるようになったのは、いつごろか?」と聞いたところ、驚くことに「結婚前から」が11.8%、「結婚初日」も3.6%でした。

一緒にいる時間が長くなるにつれ、「あ、この人と合わない」と新たな発見が生じるパターンのみかと思いきや、実は結婚前から「ちょっと違うかも……」と感じているカップルもいたのです。

このことからは、「なんか違う」と思っているならば急いで結婚に踏み切らない勇気も、後々の結婚生活を考える上では重要な直感になる実態がわかりますよね。

ちなみに、男女別で見てみると女性で「結婚前から」を選択した人は16.4%で男性は6.6%。女性のほうが直感が働いている様子もうかがえます。

また、同調査の累計では、「結婚後1年以内」は38.1%「結婚後3年以内」が49.2%で、違和感を覚えている人の半数近くが結婚して3年経つころにはお互いの噛み合わせに違和感を抱いていると述べています。

と言うことは、自分たちの夫婦仲をジャッジするのには、3年目がポイントになるのでしょうか? いえいえ、そうとも言い切れないんです!

夫婦仲が悪くなる魔のタイミングってあるの?

さらに、違和感どころかもはや「夫婦仲が悪い」というレベルまで進んでしまっている人281名に、「夫婦仲が悪くなったのはいつごろなのか」と尋ねてみると、1位は39.5%が選んだ「10年以上」。

次いで、「6~10年くらい」が16.0%「4~5年くらい」が11.0%と続くことから、年数を重ねるほどに不仲を痛感する夫婦が増えています。

夫婦仲は、「何年間仲良しで過ごせれば、相性は抜群!」と言い切れるものではなく、年月を重ねるほど不仲に陥るリスクが潜む実情が浮き彫りとなる結果ですよね。

ゴールイン後も、ラブをキープできる努力を怠ってしまうと、あっという間に不仲に転落してしまう可能性が、常に残っているのです……!

以上、ラブラブ夫婦を目指すなら結婚前の直感を大切にすべき理由をお伝えしましたが、いかがですか?

結婚当初は「こんなもんかな」と思っていても、年月が経つにつれ亀裂が入ってくるリスクもあるようです。心して結婚生活を送りたいですね。

【参考】

夫婦の噛み合わせに関する調査2017 – 大阪歯科センター

今日の運勢

おひつじ座

全体運

アグレッシブに行動できる日。変化を恐れずにチャレンジすると...もっと見る >