2017/09/02 15:30

「君ってセレブだね」と言ってくる男子のホンネは?男心を大解剖!

男子から「君ってセレブだね!」と言われたら、どんな気分になりますか? 褒められてる?それともバカにされてる……!? この「セレブ」って微妙な言葉ですよね。男子のちょっとした発言から脈を解剖していくこのコーナー。はたして、このセリフが出たときの男子のホンネは? 男心を大解剖します!

「君ってセレブだね!」と言われました

「セレブ」という言葉も、一般的になって久しい昨今。

『日本語俗語辞書』というサイトで「セレブ」という言葉を調べると、以下のような意味と書いてあります。

<「セレブとは英語celebrity(セレブリティ)の略だが、日本のセレブはセレブリティの本来の意味である有名人(著名人)、名士とは異なる意味合いで普及しており、新たに出来た和製英語と考えてもよい。海外では例え大富豪でもメディアを嫌い、一般的に名が浸透していない人をセレブとは言わないが、日本では逆に一般に知られていない人でも、優雅なお金持ちであればセレブという。

例えば東京の白金台に住むシロガネーゼと呼ばれる優雅な暮らし向きの一般人もセレブにあたる」>(出典:日本語俗語辞書)

今の日本では、本来の語源とは異なる定義で使われるのが一般的になっている様子。

「君ってセレブだね!」を口にする男子も、この俗語の定義に沿って発言しているのでしょうか?

「君ってセレブだね!」は「優雅なお金持ちなんだね!」と同義?

「気になる人」だから言ってくる!

何を隠そう(ちっとも隠してないけど)、筆者もこのフレーズを多くの男子から言われた経験を持ちます。

褒めているのかバカにしているのかもよくわからないセリフですよね。

けれど、これ……男子が「気になる女子」に使うセリフと思って間違いないでしょう!

そもそもなんとも思っていない女子には「君って●●だね」なんてわざわざ発言せず、とことん無関心な男子が多いもの。

ですので「君ってセレブだね!」という発言、「なにか会話したい」という意図が隠されていることは間違いありません。

目の前の女子に関心があるからこその「君ってセレブだね!」発言なのです。

そのあとの返事にかかってる!?

気になる人に「セレブだね」と伝える意図をもうちょっと深堀りすると、男子の微妙な劣等感がチラ見えします。

「セレブだね」と発言する男子の多くは「タイプの子だけど、僕よりも優雅な暮らしをしているかも」という不安を感じているのです。

もしくは「イイ感じだけど、金遣いが荒らそうだな」という懸念を見定めようとしている可能性もあります。

ここで、「え? そう? そんなことないよ」と謙遜することができれば、彼を安心させられ、彼のあなたへの恋心は育っていきます。

「ブランドで固めてるファッションへの嫌味」な場合もたまにありますが、それだって“目の前の女子”に関心があるからこその「セレブだね!」。好きな子ほど、ちょっと意地悪したくなる男子って、昔からいましたよね。

ここで、「そうなんだよね~。よく言われる!」なんて自ら肯定してしまえば「金がかかる女ってことか……」と、さらなる不安に陥る男子も。

無関心な女子には「セレブだね」とすら口にしないのが男心なので、この脈を育てるも止めるも女子次第だったりします。

「君ってセレブだね!」と言われれば、褒められているのかバカにされているのか分からずに困惑する女子もいるはず。

けれどこの言葉を言われたときは、まず脈アリ! 気になる男子に言われたのならば、上手に脈を育ててあげてください。

【参考】

セレブ(せれぶ) – 日本語俗語辞書

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >