2017/08/21 19:00

無神経…いや愛なんです!批判っぽいけど「実は脈アリ」なセリフ4つ

男子から、失礼なことを言われたことはありますか? 彼氏でもないのに、批判っぽい口調で意見されるとイラッとする女子だっていますよね。けれど、そんな批判フレーズにも、実は彼からのドクドクと脈打つ愛のサインが隠されていたとしたら!? 今回は、魑魅魍魎(ちみもうりょう)な人間模様を垣間見てきた筆者が、批判っぽいけど“実は脈アリ”なセリフを4つお届けします。

1:「なんでそんな短いスカート履くの?」

彼氏でもないのに「なんでそんな短いスカート履くの?」と言われたら、単に服装にケチをつけられた気分になりませんか?

けれど、わざわざファッションに意見するというのは、それだけ異性として見ている証なのです。

「アアッ!そ、そんなに足をあらわにするなんてッ……。俺以外の男には、頼むから見せないでくれッ」というカワイイ本心が潜む可能性も高いというわけです。

「失礼ねっ。人の服装に文句言うなんて!」と怒りたい気持ちをこらえ、その場は聞き流すのが正解。

だって、興味のない女子の服装に、そもそも意見なんてしないのが男子ですからね。

2:「化粧濃くない?」

バッチリメイクしてお出かけしたら「化粧濃くない?」なんて。こんな風に指摘してくる男子、ウザいですよねぇ。

けれど、これもドクドクと脈打つセリフのひとつ。

「気にしている女子だからこそ、化粧の濃淡が気になる」という男ゴコロが垣間見えます。

「え~?」なんてウザがらずに、ここも一旦聞き流したうえで、次回はややナチュラルメイクにしてあげるといいのかも。

3:「その服、変じゃない?」

突如として「その服、変じゃない?」と男子に言われたら、「ハァ~!?」などと憤りを感じちゃいますか?

「別に露出しているワケでもないし、余計なお世話ッ! トレンド知らないのかしら!」なんてプンプン丸になりたい女子もいるかもしれません。

けれど、この手の指摘も脈があるからこそのフレーズ。

幼い頃、気になる子のスカートをめくった男子ほど、オトナになってもお気に入りの女子にちょっかいを出したがる傾向アリ。

「好きな子だから、なんとなくイジワルしたい」という微妙な恋ゴコロが隠れてるセリフと捉えてあげて!

4:「口、クサくない?」

男子からいきなり「口クサくない?」と指摘されるのは、女子的には大ショックですよね!?

しかし、このセリフにも脈が隠れていることがあるんです。

「口、クサくない?」と指摘するということは、それだけ至近距離になっているということでもありますので、好感を抱いているのは確か。

そして、一般的には指摘しにくい口臭を指摘するということは、男子としてはその女子に対して大きな親しみを抱いている可能性も!

「えーッ!」と恥ずかしくなってしまうフレーズですが、今まで以上にエチケットに気を配れば、まったく気にしないで大丈夫だったりするのです。

本気で「口がクサいから近づくのは嫌だ」と感じている男子は、わざわざ面と向かって指摘しないですからね。

以上、批判っぽいセリフにも脈が隠されている可能性があるのですが、いかがですか?

こんなフレーズを口にする男子がいたら「キャッ、私のこと気にしてるぅ!」と思っても、まんざら間違いではないんですよ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >