2017/09/02 10:30

2017年は芸能人・政治家の恋愛「炎上の年」、2018年はどうなる?

2017年も既に後半に入り、早くも来年の恋愛傾向が気になる時期になってまいりました! 今回は占い師の筆者が、納音五行(なっちんごぎょう)という占術を使って2018年の全体的な恋愛傾向を占っちゃいます。納音五行は、その年の傾向がよくわかる占い方法。なかなか聞き慣れない方も多いかもしれませんが、来年に向けて参考にしてくださいね!

まずは2017年の納音五行をおさらい!

2017年は“炎上の年”

2017年(占い的には2018年2月3日まで)をひとことで表すと、“炎上の年”。

納音五行では“山下火(サンゲカ)”と言います。山下火は、丙申(ひのえさる)と、丁酉(ひのととり)との2年間。このうち、丁酉であった2017年は、エネルギー的には“陰”の年でもありました。

山下火の陰の年は、エネルギーだけは有り余っていますが、それが実際の運気の上昇につながりません。いわば、エネルギーの無駄遣い。

恋愛面でも、個人的な運勢でよほど良好な時期にいない人は、思ったような成果が出にくい年でした。

実際に占いをしていても、「好きな人ができたけど、アプローチもできずに終わった」「好きな人に恋人がいた」等の辛酸をなめたケースが多かったようです。

炎上しても本人被害はソコソコ

芸能人・政治家の恋愛など、モラルを問われる問題が頻発! SNSを中心に炎上するという事件がいくつもありましたよね。

ただ、SNSが炎上しているのに、テレビ番組では大々的に取り上げられずに終わる。

或いは、炎上したはずなのにのうのうと復職しているなど、炎上の本人被害が限られてしまうのも、山下火の年の特徴であったように思います。

この傾向は2018年初頭まで、もうしばらくゆるゆると続くので、個人個人の恋愛も足踏み状態と感じる人が多いかも。

個人的にスキャンダルを抱えている人にとっては、問題が大々的になりにくい今が関係清算のしどきとも言えます。

2018年の納音五行は“平地木”

2018年は“秩序の年”

では、来年2018年はどうなるのか? 2018年2月4日以降は、納音五行で“平地木(ヘイチボク)”の年に突入します。

とりわけ2018年の年内のエネルギーは“陽”で、特徴は「秩序に満ちた年」であるということ。

様々なものを整える力が働き、自然と倫理観や文化といったものが整備・整理される方向へと、エネルギーが動いていくのです。

スキャンダルは落ち着く傾向に

政治家や芸能人のスキャンダルは、2017年に比べて落ち着く傾向になると予想されます。

特に不倫などの恋愛スキャンダルに関しては、2018年には取り上げられる回数が減りそうです。

さきほど、2017年はスキャンダル関係の清算のしどきと言いましたが、2018年には自然と浮気相手との関係が冷めたり、配偶者にバレて関係を解消することになったりすることが増えます。

妻バレ、夫バレしてしまうと問題が大きくなることは必至なので、できれば炎上する確率の低い2017年のうちに清算をおすすめしたいところ。

しかし、それができなければ2018年の自浄作用に身を委ねるのも良いでしょう。

2017年に努力していた人だけ報われる

2017年のうちにスキャンダルの清算をおすすめしたい理由は、もう1つあります。

「秩序に満ちている」ということは、頑張った人に良い報いを与え、努力しない人には恩恵がない、ということでもあります。

つまり、婚活や恋活等、2017年のうちに真面目にコツコツ頑張っていた人にこそ、2018年は成果が期待できるのです。

大きな挑戦には向かない

平地木は、平地にただ1本、まっすぐに立てられた街路樹のように、秩序をもってシッカリと自立しています。

一方で、それは野生の木ではなく、人工的で、直線的な木です。いわば、細く、まっすぐ天に向かって伸びている状態。

つまり、規律性はあるが、野性味には欠ける……という意味でもあります。

そこで、恋愛の攻め方としては、奇をてらったチャレンジをするよりも、正攻法でのアタックこそが功を奏すると言えるのです。

悪目立ちよりも、スマートで丁寧な振る舞いが恋を引き寄せるでしょう。

但し、石橋を叩いて渡る、慎重になりすぎても、チャンスを逃すことを忘れずに。

来年の恋愛運アップは今年から準備!

2018年の運気は、今年きちんと努力していた人ほど上昇傾向!

納音五行では、今年とは“2018年2月3日”までのことを指しています。つまりまだまだ5カ月もあるってこと。

その間に、美肌を作ったり、女性としての所作を学んだりして、来年の恋愛運のためにコツコツと努力してみてはいかがでしょうか!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >