2017/08/23 12:15

ヤラれてない?男性が「本命の女性」には絶対しないこと4つ

占い師の筆者は、日々様々な恋愛のご相談を受けています。そんな中で、男性が本命の彼女にとる態度とキープの女性にとる態度は、やはり違うと感じることも。今回は筆者の占い経験の中で、男性が「本命の彼女にはほとんどしないこと」をご紹介致します。

男性が本命の女性にはしないこととは?

1:既読無視

男性が、本命の女性に対して本格的な既読無視を続けると言うことは、まずありません。

もちろん、その時に仕事が忙しく、既読は付けたけれども返信ができない……ということは誰にだってありますよね。

しかし、その日の仕事が終わったらとか、運悪く寝落ちしてしまった場合には翌日の午前中など、本命の相手に対してはできるだけ早く対応しようとするのが普通です。

というわけで、あなたの彼から丸2日も既読無視状態が続いているなら、それはあなたが本命ではないという証拠かも……。

2:エッチの強要

男性に比べて、女性は気分の上下が起りやすく、また月のものの関係でエッチをしたくない、できない時ということも多々あります。

にもかかわらず、自分がしたいからという理由で、すんなりと同意が得られないのにエッチな行為を強要するのは、十中八九本命の相手ではありません。

といっても、これは心理的にはとても難しい問題で、男性の方も彼女のことを「本命ではない」とは思っていないかもしれません。むしろ彼女こそが本命で、好きだからどうしてもしたいのだ、と錯覚している男性も多いのです。

しかし結局のところ、嫌がる彼女にさせたりすることには変わりないですよね。

そんな男性の心の底にあるものは、彼女を大切に想う気持ちではなく、「彼女との行為によって自分が癒されたい」という、自分を大切に想う気持ちなのです。

ですから、女性がそれに気付いたとき、たとえ彼が「彼女は本命だ!」と言い張っても、二人の関係が終わりを告げることは多いでしょう。

3:いつも急に呼び出す

本命同士のデートの約束と言えば、「次いつ会う?」から始まって、「○日はどう?」「ちょっと空いてない。△日ならいいよ」「OK!」と決まっていくもの。

あなたはどうですか?

「今日空いてる?」「今日暇?」なんて言葉でLINEが始まったりしていませんか?

約束がいつも急、というのは、彼がなんとなく会いたくなったときに彼女を呼び出しているということの証拠。

つまり、他に予定や、やりたいことがあったとき、会いたい人がいた時などは、彼女のことは後回しにしたい……という気持ちのあらわれでもあります。

たまにはそういうこともあるかもしれませんが、いつもいつも急に呼び出されるのなら、セフレ扱いされているのかも……。

4:当日ドタキャンされる

色々ある中でも、本命にだけは絶対しないというのが、当日のドタキャンです。

もちろん彼が体調を崩したような場合は別ですが、どちらかというと本命なら、多少体調を崩していてもデートに赴いてしまう彼氏のほうが、占い師のわたしの経験上多いように思います。

そうでもないのに、他に予定が入ったとか、「ごめん今日行けない」というような連絡が度々入るなら、ほぼ確実に本命ではないと言えそう……。

こうしたケースで多いのは、当日朝になって起きたけれど眠かったり、寝坊したり、もう行くのが面倒くさい……という自分勝手な理由。

まして、待ち合わせ場所に行っているのに、連絡もなく待ち合わせ場所にも来ず、こちらから連絡してみると「今日無理」と言い出す。などというケースは、100%本命とは言えないでしょう。

俺様行動は本命じゃない証拠!?

どれもこれも「必ず100%!」と言い切れるものでもありませんが、彼があなたのことを全く考えず、自分のことばかり考えて勝手に振る舞う俺様行動を連発しているなら、それはあなたのことが本命ではない証拠。

中には、彼自身が「この女性が、オレの本命」と宣言したり、そう思い込んでいるケースもありますが、言ってることとやってることが違うなら、行動のほうが正直な気持ちに近いことを忘れずに。

彼のすることをよく観察し、ないがしろにされていると感じるようなら、早めの対策を打ちましょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >