2017/08/30 21:00

もうバレバレ!? 食事の誘い方で「エッチのうまさ」を調べる方法

恋愛心理カウンセラーの筆者に、最近、熟女キャバクラのママという肩書きが加わりました。そんな筆者がママをつとめている熟女キャバクラのキャバ嬢みいさんから「食事の誘い方でエッチのうまさがわかるんですよ!」と聞き込んだので、早速皆さんにご紹介します。

エッチがうまい人は女性をどう食事に誘うのか!?

パターン1:自分で全部お店からオーダーまでチョイスする人

女性を食事に誘うとき、スケジュールだけ抑えたら、あとはお店からオーダーまで全てチョイスしてあげる……という男性がいます。

彼の心理としては、「女性というものはリードされたがっているに違いない!」「レストランも、メニューも、男が決めてあげるのが当然」……といったところでしょうか。

このようなタイプの男性は、女性をエスコートするという意識が無いわけではないのですが、女性のことをお人形かなにかと混同していて、女性の意志を尊重するという意識には欠けていることが多々あります。

性格で言えば、ちょっとオラオラ系で、エッチのタイプも自分本位になりがち。自分が気持ちいい体位やスピードを追求し、相手を愛撫することは疎かにしたまま気付かないこともあるでしょう。

というわけで、みいさん曰く……

「エッチはあまりうまくありません!」

パターン2:何が食べたいか女性の好みを聞いてくる人

そもそも、食事には誘いますが、「何が食べたい?」とまず女性の好みを聞いてくるタイプの男性もいます。

何が食べたいか、どんな雰囲気のお店が好きなのか、女性に対してある程度のリサーチを行い、その上で男性主導でお店をチョイスし、予約も取ってくれるタイプ。

「実は、エッチが一番うまいのは、このタイプです!」と、みいさん。

食事をするときに、まず女性の好みを聞いて、自分で店選びをする男性は、エッチに関してもまず女性の好みを追求する、研究熱心な男性であることが多いそうです。

また、女性に好みを聞いたからといって、任せきりにするのではなく、最終判断は自分で判断を下す意志の強さやリードする力も併せ持っているのがポイント。

つまり、こうした男性には、女性自身が既に知っている好みをただ聞くだけでなく、新しく彼女が好むものを、いわば“開発”する意欲もありそうです。

パターン3:何も決められず、女性にリードしてもらう人

話を聞いてみると意外と多くの女性が経験しているのが、こんなタイプの男性。

食事に誘われたからといって、当日待ち合わせ場所に行ってみると、

「どこに行く?」

と言い出すので、内心(えっ……予約していないの?)と思っていると、本当に意見のひとつも出さずに店を女性に決めさせる。

道案内も女性がして、メニューも「どれがオススメ?」「どれにしたらいいかな?」と女性任せ。

オーダー作業すら女性がして、男はウンウンうなずいているだけ……。

初デートでそんな男あり!? と思ってしまうところですが、草食系男子がはびこる現代ではむしろ増加傾向と言えるかもしれません。

「このタイプの男はエッチもてんでダメです!」と、みいさんはバッサリ!

食事において、店のひとつも決められずに女性にリードしてもらっている人は、何に対しても女性に“してもらう”ことに慣れきっています。

女性リードの環境になんの疑問も感じないどころか、「M男の可能性も高いですよ!」と、経験豊富なみいさんはドヤ顔をするのでした……。

初めての食事を思い出して!

「付き合いも長く、今やなれ合いの関係だけど、これでいいの……?」と彼氏のことを思うなら、初めての食事を思い出して。

もしかして上に挙げた3つ目の「M男タイプ」じゃありませんでしたか……? それとも、オラオラ系だった?

自分の性に合った男子かどうか、初期段階で見分けるひとつの指標になるかもしれません。

初デートがこれからの方、是非頭の片隅にとどめて置いてくださいね。

【取材協力】

みい・・・相川葵がママをつとめる『熟女倶楽部 笑楽微(わらび)』の熟女キャバ嬢、サバサバ系。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >