2017/08/29 18:10

「長続きカップルに起こりがちな」エッチの問題3つと解決法

大好きな人と結ばれて、親密な関係になるって最高の気分ですよね。ところが、よほど努力を重ねていない限り、長い期間にわたって同じ相手とエッチしていると、いずれ必ず壁にブチ当たることになります。そこで今回は、“長続きカップルに起こりがちなエッチの問題3つ”と、その解決方法について語ってみたいと思います!

1:エッチの時に気持ちが追い付かない

とりあえず、セックスレスの状態は免れてはいるけれど、先が読めるベッドでの展開にいまいち盛り上がらない。性欲は解消しているけれど、気持ちが追い付いていかない時があります。

パートナーに異性としてのトキメキは感じていないけど、他にエッチできる相手がいないから仕方ない……という状態です。

しかし、それだったら、セックスの回数はグ~ンと減ってしまったけど、仲睦まじい関係を築けているカップルのほうがマシだとも言えそうです。

二人に必要なのは付き合い始めた頃の新鮮さ

エッチができるということは、まだパートナーを生理的に受け入れられるということなので、そんな二人に必要なのは付き合い始めた頃の新鮮さです。

もし、彼と同棲しているとか、結婚してしばらく経つなら、外で待ち合わせしてデートするとかラブホに行くなど、交際当初にしていたことを再現してみましょう。

「ところ変われば気分も変わる」ではないですが、できるだけ普段とは違った状況を生み出すように心掛ければ、相手に対するトキメキがカムバックする可能性が高まるはずです。

2:疲れすぎてエッチがご無沙汰に

二人の付き合いが長くて安心感がある場合、つい疲れていると、「まあ、どこかに彼(彼女)が行ってしまう訳ではないし……」と、エッチを先延ばしにしがちに。

とはいえ、心のつながりと同じぐらい、体の触れ合いで感じる愛情って、男女には欠かせません。

特に男はセックスをしていないと「パートナーに愛されている」と感じられないところがあります。

疲れているからとエッチを断ることは簡単ですが、そんな時こそ頑張ってベッドで一汗かけば、セックスで感じる解放感と充実感で、グッスリと眠れるのではないでしょうか?

どちらかが乗り気ではなくても、エッチに妥協と努力は欠かせません。

その点を忘れて、疲労を理由にセックスから遠のくと、どんどん二人の親密さが失われてしまうでしょう。

3:エッチの嗜好が噛み合わない

マンネリ化してきたパートナーとのセックスを改善しようと、どちらかが性玩具を使ったり、違うプレイを試しそうと提案したりしても、相手が乗り気になれず、どうにもならない時があります。

あまりにも自分の価値観で受け入れられないこと、例えば彼に、「他の女性を交えて3Pがしたい」と言われて、どうしても無理なら妥協する必要はありません。

ですが、軽くお尻をスパンキングしてみたいとか、目隠ししてエッチをしてみたい……ぐらいの程度のことなら、チャレンジしてみては!?

最初は少し抵抗を感じても、新しく試した行為でベッドでのマンネリが解消できれば、二人の心にも再び火がつくはず!

ベッドで激しく求め、そして相手からも求められるって、ずっとカップルがラブラブでいられる大切な条件です。

パートナーが少しベッドで退屈している様子なら、相手から言われる前に、自分から「何かエキサイティングなことをしよう」と、提案するぐらいの器の広さは兼ね備えておきたいところです。

いかがでしたか!?

どんなカップルでも付き合いが長くなると、上に挙げたような問題が持ち上がってくるものです。

もともと人間は、生物学的に一夫一婦制が難しいと言われているぐらいなので、セックスで飽きがこないように工夫を凝らすことは欠かせません。

ぜひ、参考にしてみてくださいね!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >