----------->> 楽天イーグルス応援キャンペーン!楽天スーパーポイント100,000ポイント山分け! <<-----------
2017/09/18 21:00

絶対に長続き!「毎日一緒でも苦にならない」女性の特徴4つ

同棲や結婚をすると、当然、毎日相手と一緒にいることになります。でも、大好きな相手だからこそ、四六時中一緒にいることが苦になってしまうことも……。でも、それはあなた次第なのです! 今回は、恋愛心理カウンセラーの筆者が、男性にとって、毎日一緒にいても苦にならない女性の特徴をご紹介します。

毎日一緒にいても苦にならない女性とは?

(1)それぞれ自立して自分の時間がある

最初はラブラブでも、割と早い段階で「もういい」「お腹いっぱい」と思われてしまう女性は、決まって彼と長時間一緒に過ごしたい! と願っている人。

一緒に過ごすといっても、ただ同じ家の中、同じ部屋の中にいるというだけでなく、ふたりで同じことをして、同じネタで盛り上がらないと気が済まない人です。

そんな女性に対して、男性は最初のうちこそ「オレ、こんなに求められてる!」と舞い上がったとしても、比較的すぐに飽きたり、ひどい人になると「しつこい……」と感じるようになってしまいます。

一方、「毎日一緒にいても苦にならない女性」は、彼氏と同じ部屋、同じ家の中にいても、別々のことをよくします。

休日は、土日両方を「デートする!」と考えるのではなく、土曜はそれぞれの時間、日曜はデート……と使い分けることも。

「彼と彼女が、それぞれ自分の時間を持っていて、お互いに妨げることなくエンジョイする」。

このスタイルが自然とできるなら、「毎日一緒にいても苦にならない女性」と受け取ってもらえるでしょう。

(2)タイミングが同じ

自立している、別々のことをしているといっても、同じことがまったくできないようでは、カップルは成立しません。

また、片方が自分のことだけに集中したいとき、もう片方がふたりで盛り上がりたい……というように、タイミングが合わないと、一緒にいるのが苦痛になるでしょう。

タイミングが同じふたりなら、「そろそろ一緒に同じことをしたいな」「食事の時間だからふたりで」「一緒に外出に……」など、「今、そうしようと思っていたんだ!」ということが多いでしょう。

だからこそ、それぞれのことをしている間、お互いに無言でも安心感があるのです。

たとえ今、別々のことを考えていても、相手が必要とするときに自分が相手の側に立てる、また、反対に自分が必要とするとき、相手が自分の側に立ってくれることを確信できるのです。

(3)空気感が同じ

好き嫌いや空間の感じ方は人それぞれ、差があります。

わかりやすい例で言うと、人混みが好きな人と、嫌いな人。カフェが好きな人と、苦手な人。シンプルな空間が好きな人と、ごちゃっとした空間に落ち着きを感じる人。クラシックが好きな人と、ロックが好きな人……。

例に挙げた以外でも、たくさんの「空気感」があり、これがある程度共通していないと、「毎日一緒」は難しいでしょう。

もちろん、すべてが共通しなくてはいけない、ということではありません。最初にご紹介したように、ときには別々の空間を楽しむことが必要になってくることもあります。

しかし、お互いの傾向に共通点がないと「デートに行っても落ち着かない!」「相手の部屋が落ち着かない!」と、「ずっと一緒は無理……」という結果となりそうですね。

(4)恋人だけど友達っぽい

相手のことを異性として意識しすぎると、お互いに必ず疲労感が生じます。

中学生や高校生のころ、女子だけで遊びに行くときと、男子が合流するときとでは、違いがありましたよね。男子がいると、つい気合いが入ってしまい、あとでどっと疲れたりして……。

常に一緒にいても苦にならないと感じるようになるためには、お互いが恋人でありながら、友達のような関係を築くことがとても重要なのです。

恋人として疎遠ということではなく、むしろ、友達としての信頼関係がプラスされた、ある意味恋人以上の存在です。

ふたりの間に、異性であることを意識しすぎない、友達のような信頼関係が築けたらステキですね。

恋人は最高の友達!

友達は人生のステージで増減したり、関わり方が変化していきます。

その中で、うまくいけばできるだけ関係を変化させずに過ごせる、最高の友達が“恋人”なのかもしれませんよ。

相手と自分とをよく観察し、タイミングや空気感、そしてふたりの関係性を見極めてみてくださいね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

メッセンジャー役を引受けると運気上昇。自分も、人からの紹介...もっと見る >