2017/09/25 22:00

昼顔妻が「この人なら一緒に堕ちてもいい…!」と思った瞬間3つ

昼顔妻は、夫にも愛人男にもイイ顔をしている魔性の女……、そんな風に感じている方も多いと思います。ところが……ッ! 昼顔妻だって人間。ときには「この人となら堕ちてもいい……」と、愛人男に溺れていくことだってあるのです。恐ろしいですね。そこで、昼顔妻に聞いた「この人となら堕ちてもいい!」と思った瞬間を3連発でお届けします。

1:「夫より深く愛してくれている」と感じたとき

時折、「女性は、愛するよりも愛されたほうが幸せ」なんてことも、耳にします。

そんな背景もあってか、夫からの愛よりも愛人男からの愛のほうが強いと気付いてしまった瞬間に「この人となら堕ちてもいい……!」と、何かに目覚めたように溺れる昼顔妻も。

「夫は全身全霊では愛してくれない。けれど、彼にとって私は、特別すぎるほど特別な存在なんだわ……ッ!」などと、気持ちが盛り上がってしまうのでしょうね。

堕ちたその先には、ドロ沼のトラブルが待っているのですが、そんな現実すら忘れさせてしまほど、“愛”は昼顔妻を狂わせることがあるのでしょう。

2:「何があっても守るから」と愛人男が覚悟を決めたとき

「俺……、何があっても君を守るよ。たとえ、嫉妬に苛まれたご主人が、君を殺そうとしても、俺は必ず君を守るから」。

こんな風に、愛人男から将来への覚悟を告げられたとたん、「こんなに私を想ってくれているなんて! もぅ、この人となら堕ちてもいい……」などと、夢見心地になってしまう昼顔妻もッ。

“不倫”というシチュエーションに酔っていることも否めませんが、「何があっても守る」だなんて、そうそうたやすく口にできる言葉じゃないですからね。

「私のことをここまで想ってくれる男性には、きっと2度と巡り会えない……!」的な感情を呼び起こされてしまい、愛人男と堕ちていく……というシナリオにまっしぐらです。

3:「体の相性が抜群に良すぎる」と実感したとき

「もう……、彼とは離れられないわ……」と愛人男と堕ちていく昼顔妻の中には、やっぱり「体の相性がよすぎて……」という驚きの理屈をこねる女性も珍しくありません。

エッチは回数を重ねるごとに相性がよくなることもあるだけに、ある日突然「こんなに素晴らしいなんて……。夫とは絶対に無理だわ。彼を手放してはいけない……」などと、ひとりで悟っちゃうのでしょうね。

これが独身同士の恋愛だったらハッピーエンドですが、そもそも不倫なのにッ!

堕ちていく昼顔妻の中には、現実を忘れるほど肉欲に溺れてしまう人もいるようです。

夫が知ったら、泣きますよッ!

「不倫はしょせん不倫」と、割り切った関係を楽しんでいたはずの昼顔妻でも、ふとした瞬間に堕ちてしまうことがあるようですね。

不倫をするくらいなので、もともと家庭に何らかの不満があるのかもしれませんが……。愛人男と堕ちた行く末に何が待っているのか、想像するだけでコワイですよねッ!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人づきあいがキーとなる日。この人と思ったら、わかりあえるま...もっと見る >