2017/09/22 19:00

イラッ!お局から届いた「嫌味すぎる」社内メール3選と対処法

働く女子達の敵といえば……何かにつけて嫌味なことを言うお局先輩。ちょっとしたことでぶつぶつと文句を言ってきたりします。面と向かって言うならまだしも、社内メールなどを使って長文で「最近の若い子は~……」って。あなたのその「嫌味すぎる」やり方はどうなの~ッ!? というわけで、今回はお局から届いた「嫌味すぎる」社内メールと対処法をご紹介しましょう。

 ぐぬぬ……そこまで言うか!?

何かにつけて、嫌味を言ってくるお局はどの会社にも存在します。

そんなお局のターゲットは「自分より若い女子」。

別にこっちはそんなつもりじゃないのに「若いからって●●さんに媚を売ってる!」「かわいいいからって調子に乗ってる!」なんて、理不尽すぎる発言。

裏で愚痴を言われたりすることもありますよね。

敵に回すと厄介な、そんなお局さん。

今回は実際に、とあるお局から女子に届いた、理不尽で嫌味すぎる社内メールをご紹介します。

Case1 「無駄な一言」

“夜遅くに”共有ありがとうございます

これは、他部署のお局さんから“会議中の声がうるさい”という文句のメールを受けたHちゃんが、会議に参加していた人達を㏄に入れて彼女に「会議中の声が大きいということは私だけの問題ではないので」と返信したメールに対するお局返信の一部。

「夜遅くに」というひと言には、「こんな時間にみんなに共有するなよ。迷惑でしょ」という気持ちが込められていそうです。

そして、そこから続く、長い説教文章。

「ただ会議中の声」が大きいということだけですよ? どうしてその場で注意しなかったのでしょうか。

そしてなぜ、わざわざ会議のリーダーではなく、Hさんに送ってきたのでしょうか。彼女は入社2年目の新人さんですよ……。

Case2 「話題のすり替え」

お話したかったの実は●●の件です

お局から「プロジェクトの進め方ついて、話し合いの場を設けましょう」と言われたものの、その日時間が作れなかったようで……。

その日の夜届いたメールには、“お話したのは実はミーティングルームの使い方の件でした”と、後出し感満載。

まったく関係ない話にすり替えられています。

別件での連絡だったのに、急に仕事の仕方について文句を言われる……。

ただ気に入らないから言いたいだけ感満載の、嫌味すぎるメールです。

Case3 「周囲を巻き込む」

複数人からあなたの聞いています

またもや「会議中の声の大きさ」についてのHちゃん宛てのメールですが、わざわざ「私だけではなく、複数人が迷惑しているという声を聞いているので代表して私が」と受け取れるように送っています。

これ、とってもタチが悪いですよね。

「●●ちゃんがあなたの悪口言ってたよ」と第三者から聞くのって、本人から文句を言われるより腹が立ちませんか?

そんな女子高生がよく使う「人間関係をこじらせる」やり方です。

お局は、こんなメールを下の人間に送りつけてくるのです。

「本当にたくさんの人が困っている」というのなら、その部署のトップに相談するべきですよね。

対処法 すぐに上司に相談する

上記Case1のHちゃんはすぐに上司に相談しました。そして、「ああ、あの人は新人いじめするから……」とお局の正体を知ったそうです。

「え? これあまりにも理不尽すぎるぞ……」と思う社内メールを受け取ったら、まずは上司に相談しましょう。

もしかしたら、あなたが気づいていないだけで、あなたにも大きな欠点があるかもしれないし、逆に「嫌味すぎるお局」の正体が発覚して、他の人が助けてくれる可能性もあります。

どうでしたか?

働く女子の悩みは尽きません。

こんな嫌味すぎるお局には、十分気を付けましょう!

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >