2017/09/29 23:00

彼の心にビビッとひびく!「センスのよい」エッチ中の仕草4つ

エッチ中って、何をしたらいいかわからない……! と、思っていませんか? エッチ中、なりゆきに任せるのもアリですが、センスよく振る舞えるものなら振る舞いたいですものよね。今回は恋愛心理カウンセラーの筆者が、“センスのよいエッチ中の仕草”についてご紹介します。

「センスのよいエッチ中の仕草」をご紹介!

1:目線を外さない

センスよいエッチ中の仕草、その1は、目線を外さないこと。

エッチの最中は、恥ずかしさが先に立ってしまい、目を閉じたまま……という人は、男女ともにかなりいます。

「目をしっかりと開けて相手を見ること」。これこそが、エッチの気持ちよさをアップさせる秘訣なんです。

ところで、エッチの最初のほうと、あとのほう、どちらのほうが恥ずかしいと感じますか?

最初のほうが恥ずかしい……と感じる人が多いことと思います。

理性がしっかりしていて、恥ずかしさがある序の口こそ、相手から目線を外さないでおきましょう。

「この人とのエッチは気持ちいい!」と相手に感じさせるために、とても効果的なことなんです。

恥ずかしさから解放され、お互いに気持ちが乗ってきてしまえば、目線のあるなしはそのうちわからなくなってしまいます。

“恥ずかしいうち”が勝負です。

2:体の一部はずっと触れている

エッチなのだから、体の一部が触れているのは当たり前だろう……と思いがちですが、肝心のところしか触れていないエッチ、経験したことがありませんか?

ここで言う“体の一部”は、“肝心の部分”以外のこと。

エッチの最中、スマートに振る舞おうと思うなら、腕を相手の首に回したり、ずっと手を繋いでおくなど、体の一部を長時間、相手に触れさせることを心がけるとよいでしょう。

大事なところしか触れていないエッチは、あとあと、心に寂しさをもたらすものです。

3:体を密着させる

体の一部を触れさせることと同様、“体を密着させておくこと”も非常に重要です。

愛撫ひとつ取っても、ただ唇や指だけで行うのと、そのときに体が密着しているのとでは、相手の感じ方がまったく違ってきます。

触れた感触が心地よいというのもありますが、それ以上に、精神的に相手を近く感じ、お互いの間に愛情を感じ取ることができるようになる効果が期待できちゃう、おいしい手法なんです!

ふたりの関係がなんとなく冷めているようなときにも効果的。愛情が再燃する可能性のある仕草です。

4:気持ちいい時にキスをする

エッチの中で、「今、気持ちいい!」という時、ありますよね。

そんな時、ただ気持ちよさを味わうだけではなく、相手にそのタイミングでキスをしましょう。

エッチが気持ちいいのは、とてもいいこと!

ただし、その気持ちよさは、なかなか伝わりません。

もちろん、言葉で「気持ちいい!」と伝えるのも、ひとつの手段です。

でも、気持ちいい時にキスをすると、相手はあなたの気持ちよさをぐぐっと体感することができます。

言葉がいけないというのではありませんが、口だけなら何とでも言える、と考えている男女が多いのも事実。

気持ちいいときは、態度でそれを伝えてあげるのも、相手を気持ちよくさせる技術のひとつです。

エッチ中はスマートな仕草で!

エッチは自然現象のように、いきなり訪れたり、始まったりするものですが、そのなりゆきに任せたままだと、なかなか相手の心に響くエッチとはなりません。

下手なエッチの進行が、積もりに積もってふたりの愛情の崩壊を招くことも……。

センスよい仕草で日ごろからエッチを進めていれば、ふたりの心と心はいつもいちばん近い場所に。

恥ずかしさをあと回しに、スマートなエッチを試してみてくださいね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >