2017/10/05 12:15

「私の彼氏は2番目に好きだった人」妥協の恋のメリットとは?

もし世界でいちばん好きな人と結ばれたら、幸せになれるでしょうか? もちろん、好きな人に必要とされ、お互いよい関係を築けたら、それ以上のことはありませんよね。でも、相手が何をしているか分からなかったり、一緒にいて息苦しくなるようでは、幸せとは言えません。そう、本当の幸せとは、好きな人と結ばれることだけではないのです。それをここで証明したいと思います。今回は「2番目に好きだった人との妥協の恋が生んだメリット」についてご紹介します。

1:愛で溢れている

自分が追いかけてばかりの恋は、最初は幸せな気持ちになれるかもしれません。でも、だんだん心も身体もクタクタに疲れてしまいます。好かれたくて、愛されたくて、相手を求めすぎてしまうからです。

自分を好きでいてくれる彼を選択すれば、常に愛に満ちた心地よさを手に入れることができます。心配も不安も軽減され、人生は潤い、心に余裕がでてきます。

女の子は、みな、「愛されて美しくなる」生き物です。あえて「いちばん好きだけど、実らない恋」を選んで心痛めることも、「自分のことを誰よりも愛してくれる人との恋を選ぶ」こともできます。

幸せの形は人それぞれ。いつだって、自由な選択ができるのです。

2:女関係に寛大でいられる

2番目に好きなだった人と付き合うメリットとして、“女関係に寛大でいられること”が挙げられます。好きな人を失うことは、人生真っ暗同然。光を失うことと同じです。

仮に、世界でいちばん好きな人がほかの女の子と密に連絡とっていたらもう大変。これから、どうやって生きていけばいいのかと混乱状態に陥ります。しかし、2番目なら、心に余裕ができます。それは、「自分のことを好きでいてくれるから好き」というベースがあるからです。

少しくらいの女関係には、ビクともしません。本当に自分がいなくなったら、彼が生きていけないことを知っているからです。たとえ、アクシデントがあったとしても、冷静に対応できる自分……。それは自信となり、強さへと変わります。

3:自分自身を好きになれる

それもそのはずです。上記に記したように、いつも好きな人に嫌われることを恐れながら生きる「崖っぷちの人生」は心身ともに限界がやってきます。喜怒哀楽のアップダウンに振り回され、そんな自分のことも好きじゃなくなってしまうのです。

いちばん大事なのは、自分自身を受け入れること。自分自身を受け入れられて初めて、相手のことも、本当の意味で大切にすることができるのです。

どんなときも、冷静な判断と決断ができる自分でいるために、男選びは慎重に。そして、たまには違う角度から物事を見てみることも大切。それが新しい形の幸せを手にするきっかけになるでしょう。まずは、“どんな女性になりたいか”イメージしてみてください。今、どんな恋が自分を育ててくれるかがキーになります。

いかがでしたか?

2番目に好きな人との恋も意外と悪くありません。そこには、自分が好きでいること以上に、自分を好きにさせてくれる彼がいるからです。そして、そんな彼を「世界でいちばん好きになる日」も遠からずやってくるのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >