2017/10/11 11:30

「忙しい彼氏」で不安…メールしてもいい?別れも考える?結婚は?

彼氏が忙しいとデートの回数も少なくなってしまいますし、せっかくデートできても途中で会社から呼び出しが……なんてことも。彼の仕事は応援したいけど、寂しい気持ちを抑えるのはなかなか難しいですよね。こんな風に忙しい彼氏と付き合っている人は、どうしているのでしょうか? 別れを考えたりはしないのでしょうか?

1:メールしてもいい?結婚できる!?

忙しい彼氏と付き合っている女性の「あるある」を検証してみましょう。

(1)「忙しい彼氏」だと不安がいっぱい?

とにかく忙しい彼氏と付き合っていると、不安になることがたくさんあるようです。一緒にいる時間が長ければ長いほど安心するのだとしたら、忙しい彼氏とはなかなか時間がとれません。

相手に連絡しても全然返事が返ってこないと、「何してるのかな?」と気になったり、「もしかして倒れちゃってたりして!」と心配になったりもするでしょう。

(2)結婚しても「忙しい」まま……!?

いつも忙しく動き回っている彼。「結婚したら男性は落ち着く」って言いますが、結婚前から忙しい彼でも、結婚後は少しはマシになるんでしょうか? 忙しい理由が仕事だとしたら、あまり期待はできなさそうです。

「それなりに休みがあるけど、趣味やそのほかの集まりなどで休みがつぶれている」という感じなら、結婚後は考えを改めて、もう少しあなたのために時間を作ってくれるかもしれませんが……。

どちらにせよ、「結婚後も今のままだったらどうしよう」という心配はつきまといそうです。

(3)忙しすぎだと別れを考えちゃう?

忙しすぎる彼と付き合っている女性の中には、彼と全然会えないことがストレスで、別れを考えてしまう人も多いようです。女性は基本的に「構って欲しい」という欲求が強い人が多いですから、連絡をしたらすぐ返事を返してくれる彼の方が安心できますもんね。

また、理由が仕事だとしても、あまりにも自分のために時間を作ってくれないのは、「愛されていないのかも」と感じてしまう原因にもなります。

2:忙しい彼氏との結婚は不安?

忙しい彼氏と付き合っている女性たちは、結婚を考えたときにどんなことを不安に思ったのでしょうか?

(1)「忙しくて会えない」は同棲や結婚のタイミング?

「付き合いだしてすぐのころからずっと、仕事が忙しくてデートの回数も少なかったんです。我慢してたんですけど、3か月くらい付き合ったころに“新しいプロジェクトが始まるから、これからもっと忙しくなりそう”って言われて。

これ以上デートが少なくなったら我慢できないから、同棲か結婚するか別れようかって……」(Yさん/30歳)

(2)結婚したら周囲の協力も?

「私たちは“結婚しよう”って話をしていたので、別れるって選択肢はなかったんですけど、心配だったのは結婚しても同じ状況が続くのかな?ってことでしたね。結婚したら会社とか同僚の人とかが考えてくれて、“少しは残業とか休日出勤とか減らしてくれるのかな?”とか」(Tさん/28歳)

(3)結婚後まで考えてる?

「彼が忙しすぎると結婚して子供とかできても全然手伝ってもらえなくて、ひとりで孤独に感じるんじゃないか?ってことがいちばん不安ですね」(Eさん/29歳)

(4)忙しさとお給料のバランスは?

「“事で忙しい”ってずっと言ってるから、それなりにお給料ももらってるはずなんですけど、まだ聞いてないんです。ただ、デートのときとかは毎回奢ってくれるから、それなりなのかなぁとは。

でも、実は“それほど忙しさに見合うお給料じゃなかったらどうしよう”ってたまに不安になりますね。ムリしてて貯金できてないとかないかなぁ、って」(Gさん/27歳)

3:忙しい彼氏は結婚準備に協力できない?

いざ彼と結婚となっても、「忙しい彼」はそれほど結婚準備に付き合ってくれないかもしれません。実際のところどうだったか? 経験者に話を聞いてみました。

(1)式場選びから時間がかかるのが結婚式

「正直結婚準備はかなり苦労しましたね。彼が忙しくて式場を見に行く日程を決めるのもひと苦労でした。だからなるべく空いた1日に色々なことを詰め込みましたね。式場選びは1日、朝から晩まで5個見て周って、その日のうちに決めました」(Uさん/29歳)

(2)「仕事ができる」から忙しいと「できない」から忙しい

「忙しい人って2種類いると思うんですよね。仕事ができるからたくさん仕事を任されて忙しいって言ってる人と、仕事の量はほかの人と同じなのに、仕事ができないから忙しいって言ってる人。

結婚準備とかしてると、どっちのタイプか見えてきますよ。私の場合は仕事できるタイプだってわかったからよかったですけど、後者の場合、正直結婚考え直したくなりそうですよね」(Eさん/33歳)

(3)「忙しい」を言い訳に使わせない方法

「忙しい彼との結婚は、とにかく“忙しい”せいにして結婚準備をサボろうとするのを止めるところからですね。

彼が忙しいって言ってても、絶対に休みはあるはずなので、とりあえずデートできる日程を決めちゃうんです。で、そのデートとかこつけて式場の下見とか、2次会のレストランの下見とかに行きましたね。

“結婚準備のために時間空けられる?って聞くと、“忙しいからムリ”って言うから」(Wさん/34歳)

(4)「忙しい彼」とでもできる結婚準備の工夫

「彼が本当に忙しいのは知っていたので、そこは自分ができるだけのことはしようと思いました。たとえば、彼の場合は式場にこだわりはなかったから、私が予算とか条件を考えて、下見に行く場所を3か所に絞ったりとか。あとは、衣装合わせも、彼には写真を送って確認してもらって決めたりとか。

寂しい部分もありましたけど、当日初めて彼の前でドレスを着るっていうのも、ちょっと楽しみだったりしましたね」(Kさん/30歳)

(5)忙しい彼の家族の仲は未来の嫁が取り持つ!?

「彼が忙しいせいで、彼の家族との連絡もほとんど取れないような状況になっちゃったんですよ。だから、彼にお願いして両家の顔合わせを早めにしてもらって、その時私と彼の家族でLINEグループを作ったんです。

結婚式の日取りとか時間とか、ほかにも彼の家族に聞かないといけないことは私が直接聞くようにしちゃいました。彼に任せてるといつになるかわからないから」(Sさん/28歳)

4:忙しい彼氏と「別れ」を考えたときのポイント5つ

忙しい彼だと、別れを考えてしまうことも当然出てくるでしょう。その時、一時的な感情で決めるのではなく、客観的に分析してみることも重要です。そのポイントを5つご紹介します。

(1)その「忙しい」は本当なのか?

まず彼が忙しいと言っているのが本当かどうかを確認する必要があります。男性の中には、「忙しい俺」を自慢したくてしかたのない人だっているんです。彼がそのタイプだったら、口では「忙しい、忙しい」と言っていながら、実はそんなに忙しくないかもしれません。

また、先ほどの(2)にでてきたように、仕事ができなくて忙しくなってしまっているだけの可能性もあります。

同じ会社ならば、彼の忙しさを実際に目の当たりにすることもできるでしょうが、そうでないなら彼に具体的に仕事の内容などを聞いてみましょう。そうすれば、「忙しい」が本当か嘘かの判断がしやすくなるはず。ただし、彼はウソをついているつもりでない場合もあるので気をつけて!

(2)急に忙しくなった=浮気の可能性も!?

付き合った当初はそんなに忙しそうではなかったのに、付き合ってしばらくして、関係が落ち着いたころにいきなり彼が「忙しくて……」と言い出したなら、それは浮気の可能性も考えられます。

普通仕事では忙しくなる前に人事の異動や、新しいプロジェクトの開始など何らかの変化があるはず。そんなことまったく言っていなかった彼が急に「忙しいから」とデートの回数を減らしてきたり、休日出勤だと言った日に連絡が取りにくくなったりしたなら、ちょっとだけ彼を疑う必要があるかも。

もちろん疑いだけで彼を責めるようなことはいけませんが、慎重に彼の行動を見定めてみましょう。

(3)いつまで「忙しい」のか?

彼がずっと「忙しい」と言っていて、自分が満足できるだけの時間を自分に費やしてくれないということもあるでしょう。人は満足できない状態がずっと続くことには耐えられません。ですが、そこにゴールが見えていれば耐えられることもあります。

なので、彼が仕事で忙しそうなら「その忙しさってずっと続くの?」と聞いてみるのもいいでしょう。もしかしたら、「年度末まででひと段落つくよ」と教えてくれるかもしれません。

そしたら、そこまでなら我慢できるのか、それでもやっぱり我慢できないのかを改めて考えることもできます。

(4)「忙しい彼」は最大限努力してくれているか?

「忙しいから」が口癖のようになっている彼と付き合っていても、彼女として満足している人もたくさんいます。それは、彼が忙しいなりに最大限努力して彼女を愛してくれていると感じられるからでしょう。

「彼が忙しいから愛してもらえていない」と感じるのなら、それは忙しさを理由にした怠惰です。いくら仕事人間でも会ったときは自分のことをいちばんに考えて思いっきり愛してくれるなら、その愛を失いたいとは思わないはず。

彼が忙しいなりに努力してくれているか? それを考えることで別れるかどうかの判断もできますよ。

(5)自分ひとりでも楽しめるか?

彼が忙しいから嫌だと言っている女性の中には、自分ひとりの時間をしっかり楽しめていない人もいます。

たとえば、彼が会えるかどうかわからないと言っている日に、勝手に会えるものだと決め付けて準備をしていたら……。彼が「やっぱり仕事でムリだった」と言ってきたときの落胆は大きいですよね。

それなら、最初から「どうせ会えないなら○○しよう」と自分ひとりでも楽しめるプランを考えておくというのはどうでしょうか? 彼と一緒にいることが幸せなのはわかりますが、彼とずっと一緒にいられないと幸せを感じられないのはちょっと残念なことだと思いませんか?

彼と会っているときは彼を一番に考え、彼が会ってくれないときには自分ひとりで趣味を満喫する。そんな行動ができるかどうかを検討してみてください。

5:別れた「忙しい彼氏」と復縁したい!

彼が全然デートをしてくれないのがイヤで、別れてしまった。でも別れてからやっぱり彼がよかったと思ってしまう……。そんなこともあるでしょう。そんな彼との復縁のためにはどんなことが必要でしょうか?

(1)「忙しい」からこそ、彼女の支えが必要

彼が忙しいと言ってあまり一緒にいる時間が取れなくて別れてしまったという場合は、復縁の前に一度しっかり考えなければいけないことがあります。それは「忙しい」からこそ男性は彼女の支えを必要とする、ということです。

これをわかっていないと、復縁できたとしてもまた同じ寂しさで潰れてしまって、再度別れることになりかねません。

忙しい彼だからこそ自分が支えるんだ! という気持ちを持てるかどうかは非常に重要です。

(2)「忙しい彼氏」とアポをとる方法

いざ復縁を考えたとしても、付き合っているときから彼が「忙しい」ことはわかっていること。だとすると復縁のためにワザワザゆっくりと時間を取ってくれるとは考えにくいですよね。

忙しい彼と復縁したいなら、考えたことや別れる原因になったことなどを整理して、1度で相手に伝わるようにするのがよいでしょう。

たとえば、LINEなどで「5分だけ話をする時間をください」と送って時間をもらえたら、その時間内に自分の過去の考えと今の自分の気持ちをしっかりと伝えられるように準備をしておくのです。

これはもうプレゼンと同じだと思ってもいいかもしれません。そして彼からの貴重な5分で自分の感情の変化を伝えましょう。

(3)復縁の条件は?

復縁する場合って、相手からしてみたら前と同じ状況では難しいと考えると思いませんか? だって、彼は付き合っていた当時から忙しく、今も忙しいわけですから。復縁したところでまた振られると思ってしまうはずです。

だからこそ、復縁にあたっては自分から相手がOKを出せるような条件を出すことも必要です。自分をすごく押さえ込んでしまうと結果的に嘘をつくことになるので、自分自身としっかり向き合って、ギリギリ我慢できそうな条件にするのがベストです。

たとえば、「デートは月1回でいいよ」とか「休日にいきなり仕事が入っても怒らないから」などです。彼は忙しい自分をわかってくれると信じられたら、復縁を考えてくれる可能性も高くなるでしょう。

6:忙しい彼氏との付き合い方!メールしてもいい?

最後に忙しい彼との付き合い方のコツを女性たちに聞いてみました!

(1)忙しい彼氏がほっこりするメール

「彼が忙しいことは十分にわかっているので、いつも、彼がクスッて笑ってくれるようなLINEを送りたいなって思ってます。というか、笑わせられたら私の勝ちくらいに考えて、ひとりでLINEの内容を考えることを楽しんでますね。で、返事がこなかったら私の負け、くらいに軽く流します」(Tさん/28歳)

(2)忙しい彼氏がメールを欲しいタイミングは?

「私は彼から、“朝起きた瞬間にポジティブなLINEとかメールが読めたら1日頑張れる!”って言われたので、なるべく彼にそう思ってもらえるようなLINEとかメールを送るようにしてますね。でも彼を起こしちゃマズい時間には絶対に送っちゃダメですよ!」(Hさん/28歳)

(3)彼が「癒されたー」と感じた瞬間とは?

「彼が仕事でいつもピリピリしているので、なるべく癒しを与えたいなって思って、色々工夫してますね。たとえば、彼がうちに来るとわかったときには彼のいちばんの好物を作って待っていたりとか。あとは彼がエッチしないで寝ちゃったときでも怒らないこととかですかね」(Dさん/26歳)

(4)メールはしてもいいけど、返事は待たない!

「原則として、メールの返事は来ないもの!って考えた方が気がらくですよ。だって、彼いっつも既読スルーですもん。そんなのいちいち気にしてたらやってられないですよ。用事があるときにはちゃんと連絡くるんですから、それまでは放置します」(Kさん/31歳)

なかなか相手が忙しいとわかっていても、自分の気持ちを抑えるのって難しいですよね。でも「それを乗り越えてこそ愛」と思っている人が、忙しい彼をサポートできているようです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >