2017/11/11 17:00

「彼氏がいても、あなたに会いに行きます」インスタ女子が抱える闇とは?

インスタグラムで見かける彼氏との幸せツイートの耐えない女の子。サプライズの花束に、海外旅行、婚約指輪やもらった時計はブランド名をタグづけするのがイマドキ女子の実態です。常に「いいね!」を集めるハッピーガールは、本当に幸せなのでしょうか? 今回はインスタグラマーのイマドキ女子に直接取材。彼氏持ちの女の子が抱える闇をご紹介します。

1:「今でも元カレと会ってます」

彼氏のことは好きだけど、過去に愛した男はやっぱり格別のよう。恐るべきポジションを所持する『元カレ』。

いくら彼氏とうまくいっていても、元カレから連絡が来たら「すぐさま過去の記憶が蘇って、元カレのもとへ飛んでいってしまう」という女の子は、中々そこから抜けだすことができません。それでも、復縁することはなく、ただただ時間が経っていくというケースが多くみられます。

何も知らない現在の彼氏はとっても気の毒ですね。しかし、女の子の心はとっても素直。ありのままの感情のもと行動しているようです。

いつまでも元カレから抜け出せない女の子の心を「本当に」救ってくれる王子様が現れたら、きっと未来も変わるはず。いつだって、恋は上書き保存されていく。それを念頭に置かなくては、前に進めませんね。

2:「ハイスペ男子からの誘いは断りません」

彼氏がいれば、出会いは必要ありません。それに、ヘタにほかの男子とデートしてやっかいな問題に発展するくらいなら、ひとりの彼氏に落ち着いていた方がいいに決まってます。

しかし、例外枠となるのが、いわゆるハイスペ男子。大手企業でバリバリ活躍し、出世コースまっしぐらのエリートやベンチャー企業の若手実業家など。ルックスも中身もハイレベルな人間のみ、例外にあてはまるようです。

ハイスペ男子と出会った場合、デートは絶対に断りません。「チャンスを捨てる理由がないから」だそうです。その時間を存分に楽しませてくれる保証があれば、いくら彼氏がいても、念入りにお洒落をして、キラキラした笑顔で夜の街に繰り出すのです。

3:「都合のイイ女でも構いません。イケメンに弱いです」

とにかくイケメン、100%ルックスだけで判断された男子との密会。「お金がなくても、売れてないモデルでも、ルックスさえ完璧であれば、問題ない」そうです。

デート代も「私が払うことのほうが多い」そうです。それでもいいの、イケメンならば。というところでしょうか。イケメン需要の大きさを痛感させられますね。

イケメンであるだけで、なんでも許されると言っても過言ではありません。

そして、1度ハマってしまうと中毒性があり「定期的にどうにかして会ってもらいたい衝動に駆られる」と言います。

彼氏だけを愛していれば、苦しい思いをしなかったはずなのに、彼氏でもないイケメンに悩まされ、会いたいのに会えない……なんてことも少なくないようです。

いかがでしたか?

幸せの形はひとそれぞれ。一見幸せそうに見えるインスタ女の子だって、いろいろな悩みを抱えながら生きているのです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >