2017/10/02 23:30

乃木坂46齋藤飛鳥のワキが「ジョリってる」なら、自己処理なんてムリ!! アイドルのワキ事情がしんどい

 ノースリーブを着て、ワキの下が見えるポージングでの写真をSNSなどにUPするのは危険である。ワキ部分をいくらでも拡大してまじまじ見られたら、ワキ毛の処理の甘さがバレてしまう。とはいえ一般女性よりずっとそのリスクを背負っているのが、歌って踊るタイプのアイドル。音楽番組に出演して、ノースリーブ衣装で腕を大きく振り上げる振り付けをしようものなら、その一瞬を静止画として切り取られて拡大され、「美ワキ」「汚ワキ」等の勝手な批評をされるからである。

 最近では乃木坂46・齋藤飛鳥(19)を「ワキ毛の処理が甘い」「“ジョリ”っている」などとファンが揶揄している。かなり気持ち悪い現象だが、ネット掲示板にはダンスの振りでワキが露わになった齋藤の画像が貼られ、おそらくワキ毛の処理などしたこともないであろうユーザーが好き放題に罵ったり「かえって興奮する」とコメントしたりしている。

 NMB48の市川美織(23)は、以前、ワキ毛ばっちり見える状態でライブをしてしまい、公演中に気が気でなかったと明かしたことがある。「夜中(にワキ毛を)剃っても、次の日の昼には絶対生えてます」「その日もちゃんと剃ったんです」とも話している。

 HKT48の指原莉乃は、番組で「AKBは劇場公演で、すごく近い距離でコンサートを毎日やっているので、ファンの方から事務所に苦情の連絡が来たりするらしいです。『○○ちゃんはワキ毛が生えてるので注意してあげてください』みたいな感じで」と告白している。アイドルのワキ毛処理が甘いことを「アイドルらしくない」として許せないファンもいるようだ。しかし永久脱毛は金銭的負担が大きいうえに時間もかかる。指原も「今でこそメンバーも気をつけて脱毛に行くようにしてますけど、昔はお金がなくて行けなかった」と話している。

 ネット掲示板には数多くのアイドルの“ワキ写真”がアップされ、ワキ毛の処理が甘いアイドルが晒されてきた。ワキ毛は、思春期を迎えれば誰しもに生えるもの。ワキのジョリジョリやブツブツはアイドルだけでなく、多くの女性を悩ませている問題だ。ネットでワキを晒されたアイドルは、とても恥ずかしい思いをしたかもしれないし、嫌悪感でいっぱいになったかもしれない。女は(首から下、陰毛以外は)毛が生えていない状態がベスト、という暗黙の了解が、このどうしようもなく気持ち悪い事態につながっている。

 ワキ毛の濃さにかかわらず、完璧な自己処理というのは難しい。カミソリや毛抜きで自己処理をした場合、正しい処理方法やケアをしないと“埋もれ毛”がブツブツ目立ったり、皮膚が荒れてしまい毛はないのに黒ずんで見えたりする。現時点で一番良いのはやはり、専門家に専門施設で処理してもらうことなのだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >