2019/06/28 11:30

出産退職と働き続けた場合の差は2億円。女性の生涯所得の課題はどこに

出産退職と働き続けた場合の差は2億円。女性の生涯所得の課題はどこに
出産退職と働き続けた場合の差は2億円。女性の生涯所得の課題はどこに

日本では依然として労働条件の良い企業ほど新卒一括採用で終身雇用の傾向が強いため、出産などで退職してブランクができてしまうと、正社員などの好条件では復職しにくくなります。正社員と契約社員やパートでは当然ながら収入に差が出ますが、生涯所得で見ると、実際にどれくらいの差になるのでしょうか。女性のM字カーブと生涯所得の現状について見ていきましょう。


「M字カーブ」が生む女性の生涯所得の差

少子高齢化による労働力不足の中で、女性の「M字カーブ」の解消が課題となっています。M字カーブとは、横軸に年齢を取って女性の労働力率のグラフを描くと、30代あたりで底ができ、M字型となることを言います。出産や育児をきっかけに、いったん退職し、子育てが落ち着いてからパートなどで復職する女性が多いためです。

進む「M字カーブ」の底上げ、でもまだ解消されず

まず、M字カーブの現状を押さえていきましょう。「女性の活躍推進」政策が始まってから、五年が経過しました。育児休業や時間短縮勤務制度、在宅勤務制度をはじめ仕事と家庭の両立環境の整備が進むことで、M字の底上げが進んでいます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >