2019/07/21 18:30

月収15万円でも迷わず結婚 「実験」として始めた夫婦生活

月収15万円でも迷わず結婚 「実験」として始めた夫婦生活
月収15万円でも迷わず結婚 「実験」として始めた夫婦生活

前回は、『「しょぼ婚」のすすめ』(KKベストセラーズ)を上梓した経営コンサルタントのえらいてんちょう(えらてん)氏に、お金がなくても結婚ができる「しょぼ婚」について話を聞きました。

今回は、出会って2日でプロポーズ、2週間で入籍した、えらてん氏自身の結婚観を聞いてみました。


結婚を妨げる「精神的ハードル」

――そもそも、なぜ結婚を勧めているのでしょうか?

えらいてんちょうさん(以下同):お金がないから結婚できない、そういったことが言われていると思うんですけど、率直な疑問として、戦争中でも、内戦の環境下でも子供はどんどん生まれています。そういう前提に立つと、少子高齢化というのは、一般的に言われているように、「お金がない」「保育園などの設備がない」などの理由ではないところで進行していると思いました。それは、「精神的なハードル」というよくわからないもの。全体的な不安、先細っていることに対する不安です。

でも、結婚も子供を産んで育てていくのも、もっと簡単なことのはずです。なぜならば、先祖が50代、100代とか、婚姻ないしそれに似たようなものをすることによって子孫が生まれ、その結果、私が生まれているわけです。ならば私だけできないことはないだろう、と。そう考えると、そんなに難しいことではないと思うんです。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >