楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/22 07:00

医療界の最大の勝ち組!? 夫も実家も医師家系「ゆるふわ女医」のお財布事情

医療界の最大の勝ち組!? 夫も実家も医師家系「ゆるふわ女医」のお財布事情
医療界の最大の勝ち組!? 夫も実家も医師家系「ゆるふわ女医」のお財布事情

2004年度からの新研修医制度と、中途半端な女性支援に翻弄された「ロスジェネ女医」を前回は紹介しました。一方で、俗に「ゆるふわ女医」と称される女医も東京を中心に増加中です。

具体的には、「医師夫を持ち、都市部に住んで、マイナー科(眼科・皮膚科など)を専攻し、時短やパート勤務で効率よく稼ぐ」女医群とされ、「当直・手術・救急・僻地勤務は一切いたしません!」が特徴でもあります。2018年に東京医大などで問題となった「医大入試における女性減点」の一因とも言われています。

今回は、医療界で「最大の勝ち組」とも言われる、「ゆるふわ女医」のお財布事情を覗いてみたいと思います。

※本稿は特定の個人ではなく、筆者の周囲の医師への聞き取りをもとにしたモデルケースです。


瀬戸綾乃先生(仮名):31才、眼科医、父親の経営する東京郊外の病院でパート勤務、大学病院に勤務する内科医の夫(34才)と息子(3才)の3人暮らし

【平均的な月収】
眼科外来(半日5万円):3~40万円
医療法人の役員報酬:50万円
夫からの生活費:30万円

今日の運勢~無料12星座占い~|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >