2017/08/22 20:00

40歳になっても私は恋愛に不器用なままで【年下小説・あなわた#16】

40歳になっても私は恋愛に不器用なままで【年下小説・あなわた#16】
40歳になっても私は恋愛に不器用なままで【年下小説・あなわた#16】

(これまでの話はこちら)( https://otonasalone.jp/32106/ )

おひとりさま40代の私の部署に、年下の男性が配属されてきた。 歓迎会に誘っても「そういうの迷惑なんですよね」と言い放つ、協調性のない若い男の子、高坂くん。 ところが、ひょんなことからお互い「犬が好き」なことに気づく。 女性と2人で出かけたことすらなかったピュアな高坂くんと、私の関係は、少しずつ変化し……。

 

 

もしかして会えたら。

 

週末、私はいつものようにドッグカフェに向かった。

もう何度も高坂くんと通っていたから、足が自然に向いてしまったのではない。

もしかしたら、ドッグカフェに行ったら、彼に会えるかもしれない。

そんな淡い期待があったから、出かけてしまったのだ。

 

お昼過ぎに、ドッグカフェのある駅に降り立ち、あたりを見回す。

ひょっとしたら、高坂くんが同じ電車から降りてくるかもしれない。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >