2017/12/30 18:30

「プレゼントの山」に麻痺し精神束縛に気づけない【不倫の精算2】

「プレゼントの山」に麻痺し精神束縛に気づけない【不倫の精算2】
「プレゼントの山」に麻痺し精神束縛に気づけない【不倫の精算2】
年末年始の街に漂う幸福なムードとは裏腹に、恋人が家族と幸福に過ごす時間をひたすら耐え、連絡を待ち続ける「不倫女性」。
どうして彼女たちは妻ある男を愛してしまったのか。なぜ夫ある身で他の男性に身をゆだねたのか。
彼女たちは、幸福なのか。不幸なのか。
そこにあるのは欲なのか。純粋な愛なのか。
恋愛の裏のただひたすら聞き続けたひろたかおりが、「道ならぬ恋」の背景とその実情に迫る。

 

「彼に従うしかない」という束縛

— 待ち合わせ場所のレストランに現れたB子(42歳)は、ジーンズに包まれた細い足で大股に歩きながら、ライダースジャケットの上半身を伸ばしてこちらを確認すると急ぎ足で近寄ってきた。

「遅くなってごめんなさい、お客さんがいて」

席に座ると置かれていた水を一気に飲み干す。その手首にはレザーのブレスレットが巻きついているのが見えて、あぁ、昔はシルバーの細い鎖のやつだったっけ、と改めて彼女の「変化」を思った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >