2018/04/13 17:27

【マンガ探偵局がゆく】星野源が大好きなマンガ家は? ナンセンスの巨人・杉浦茂

★ミッション(27)星野源が大好きなマンガ家は?

 4月は新生活が始まる季節。社会人になった当時を思い出して、初心に帰ろうと決めたところだ。さて今回の依頼は?

 「ミュージシャンで俳優の星野源さんのファンです。4月にスタートした朝ドラのテーマソングもとってもステキ。そんな星野さんが好きなマンガ家に、杉浦茂さんという方がいるみたいなんですけど、どんなマンガ家さんなんでしょうか? 調査してください」(30代OL)

 杉浦茂は1950年代に空前のブームを巻き起こしたギャグマンガ家。1908年生まれなので、今年は生誕110年だ。

 もともとは洋画家を目指していたが、将来の生活設計を考えてマンガ家になることを決め、『のらくろ』の作者・田河水泡に弟子入り。まもなく、雑誌、新聞、単行本などさまざまな媒体に作品を発表するように。しかし、戦争によってマンガの仕事を一時中断。終戦直前には37歳で兵役に就いている。

 戦後はふたたびマンガ家として活躍し、1953年に描き下ろした『猿飛佐助』が大ベストセラーに。これをきっかけに、仕事が殺到。『ドロンちびまる』『南海キッド』『0人間』などのヒットを連発したが、働き過ぎによって体を壊したため、5年後にいったんリタイア。復帰後はマイペースで仕事を継続し、2000年に90歳で亡くなるまで現役で描き続けた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >