2018/04/17 17:01

【春なのにつらい睡眠障害を克服する10カ条】夜は眠れるのに日中に強い眠気「ナルコレプシー」 5~15分程度の居眠りで夢を見るのが特徴

突然、耐え難い眠気に襲われる睡眠発作が特徴だ(夕刊フジ)
突然、耐え難い眠気に襲われる睡眠発作が特徴だ(夕刊フジ)

★(5)

 夜の睡眠はとれているのに、日中に強い眠気が生じ居眠りをしてしまう「過眠症」。その代表格が通称「居眠り病」と呼ばれる「ナルコレプシー」だ。国内の有病率は600人に1人程度とされ、初発は10代前半がピーク。しかし、学生時代は単なる寝不足だと思っていて、社会人になって仕事に支障が出て受診するケースが多い。

 ナルコレプシーで起こる居眠りの特徴を、杏林大学医学部付属病院・精神神経科の中島亨准教授はこう話す。

 「時と場所を選ばず突然、耐え難い眠気に襲われる『睡眠発作』が数時間おきに出現し、居眠りしてしまう。眠っている時間は5~15分程度ですが、必ずその間は夢を見るのが特徴で、目が覚めたあとは眠気が消えてスッキリします」

 日中に起こるもう1つ大きな特徴は「情動脱力発作」。大笑いしたり、怒ったり、感情が高ぶったときに突然、首や膝の力が抜け、ロレツが回らなくなる。意識はハッキリしているが、全身の力が抜けて倒れ込むこともあるという。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人当たりはとてもいいが、こうと決めたら絶対やり抜く意志があ...もっと見る >