2018/11/09 17:01

【つらい「腰痛」の最新対策10講座】椎間板ヘルニアの新たな選択肢「椎間板内酵素注入療法」 治験の結果では約8割に効果

(夕刊フジ)
(夕刊フジ)

★(7)

 背骨のクッションの役割をしている「椎間板」の中身(髄核)が飛び出して、神経を圧迫して腰痛や座骨(坐骨)神経痛を引き起こす「椎間板ヘルニア」。

 治療は、発症から3カ月を目安に薬物療法などで痛みの軽減を目指す。飛び出した髄核は時間の経過とともに自然縮小することもあり、8割方は保存的治療で生活に支障がない程度まで症状の改善が見込まれる。それでも症状が改善しない場合は手術が検討される。

 それが今年8月から治療の選択肢が1つ増えたのだ。「椎間板内酵素注入療法」と呼び、椎間板に薬剤を注入する新しい治療法。NTT東日本関東病院・脊椎脊髄病センターの山田高嗣センター長が説明する。

 「新たに保険適用になったのは『コンドリアーゼ(商品名ヘルニコア)』という薬剤です。この新薬を椎間板の中に注入すると、突出した髄核が縮小するので、神経の圧迫が軽減されて症状が改善するのです」

 実は、椎間板内酵素注入療法は海外では1982年より実施されていた。しかし、そのとき使用していた薬剤はタンパク分解酵素のキモパパインで、アナフィラキシーや重度の腰痛などの副作用が多く販売中止となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >