2017/10/04 19:15

一生トラウマに…夫婦の会話が子どもに与える影響

子どもは親の言動・行動の全てを吸収しています。子どもの心がどう育つかは、夫婦の会話にかかっているとも言えるのです。
子どもは親の言動・行動の全てを吸収しています。子どもの心がどう育つかは、夫婦の会話にかかっているとも言えるのです。
「パパはママにやさしいよ。でも、いじわるするときもあるんだ……」

親のすべてを毎日子どもは吸収し続けている

離婚・カップルカウンセラーの岡野あつこです。

子どもにとって親とは、とにかく絶対的な存在です。特に学齢期前までの子どもは、家庭が自分にとっての全ての世界。自分の親たちの会話や行動から、常に何かを感じ学びとっているものです。

オトナは、子どもが小さいと「まだ言葉がわからないから、子どもの前で何を話しても関係ない」と思いがち。でも、実はそんなことないのです。確かに、言葉そのものの意味はわからないとしても、親たちの会話をする表情、言葉の響き、その言葉を話す語調、会話の仕方(やり取り)、これらの要素を日々すべて吸収し、心にインプットしています。

子どもは、こうして毎日成長しつづけているのです。二人の親同士がどんな関係性を保っているか? これは、大きな影響を子どもに与えます。また、小さい頃から眺め続けてきた親の世界観、価値観が、その子どもの根幹となって、ある一つの方向性を決定づけます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >