2017/11/03 12:45

もしかして乱視?簡単セルフチェック!

自分の目に乱視があるかどうか、簡単にセルフチェックをしてみましょう。
自分の目に乱視があるかどうか、簡単にセルフチェックをしてみましょう。
自分の目に乱視があるかどうか、簡単セルフチェックしてみませんか。まず、下の放射線のイラスト「乱視表」を少し離れたところから見て、それぞれの線がある方向に太く、あるいは細く見えたり、濃かったり、かすんで見えないか、よく注意してみてください。

セルフ乱視チェック

簡易乱視表

たとえば、下記のように横方向の線が太く、縦方向がかすんで見えませんか?
乱視ケース1

たとえば、下記のように縦方向の線が太く、横方向がかすんで見えませんか?
乱視ケース2

線が均一に見えない場合、濃淡がある場合、乱視の可能性があります。眼科などで精密な検査を受けて、眼鏡やコンタクトレンズでの矯正をすることをおすすめします。

一般的に、乱視は角膜と水晶体のゆがみによって引き起こされます。光を屈折させるこれらの部分にゆがみがあると、縦方向や横方向の屈折率が異なってしまい、網膜に焦点が合わず遠くも近くもぼやけてしまいます。

誰でも多少の乱視はある

正常な眼でも、角膜や水晶体は完璧な球体ではなく、楕円形になっているため、上下左右に多少のゆがみが出るのはよくあることです。でも、極度にゆがみが出る場合は、眼鏡などによる矯正が必要になります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >