2017/08/24 08:10

1年で100万円を目標に積立額を設定する

1年で100万円を達成するには、余ったお金を貯めるのではなく、きちんと積立額を設定すること。生活費は手取り収入から積立額を差し引いた金額で賄うようにします。
1年で100万円を達成するには、余ったお金を貯めるのではなく、きちんと積立額を設定すること。生活費は手取り収入から積立額を差し引いた金額で賄うようにします。

毎月の貯金「余ったお金を積み立てる」という発想はNG


最初の目標となる100万円は積み立てで達成します。

「100万円を貯める目的には『自分もお金を貯められた!』という自信を持つことも含まれます。あまり時間をかけ過ぎると『やっぱりなかなか貯められない』と諦めモードに傾いてしまうので、少々無理をしてでも、できれば1年で達成してほしいですね」(藤川さん)

では、1年で100万円を貯めるには? 余ったお金を積み立てようというやり方では見通しが立たず、おそらく無理。「まずは毎月の積立額をいくら、ボーナスが出る人はボーナス時の積立額をいくらと決めてしまい、その積立額を手取り月収やボーナスの手取り額から差し引いた金額で生活費を賄うというやり方に切り替えましょう」。そうやって計画的に貯めていけば着実に100万円に近づいていくはずです。

【関連記事をチェック!】
1年で100万円貯めるには毎月いくら積み立てる?

赤字を出さずに積み立てをするには?

毎月とボーナス時の積立額をいくらにするのかは早見表を参考に。家計の毎月の手取り収入やボーナスの手取り額をもとに、実行できそうな積立額を設定してください。ただし、積み立てをする一方で家計の収支が赤字に転落しては意味がありません。赤字を出さずに積み立てをするには、支出の見直しが必要なケースも出てくるでしょう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >