2017/08/25 19:45

20分動かなくてもいい? ダイエットのウソ・ホント

溜まった脂肪を健康的に減らしたい! でもウオーキングやジョギングなどの「有酸素運動」は毎日できそうにない……と尻込みしていませんか? 実は運動は必ずしも長時間続けなくても大丈夫なのです。細切れ運動を積み重ね、無理なく脂肪を減らしましょう!
溜まった脂肪を健康的に減らしたい! でもウオーキングやジョギングなどの「有酸素運動」は毎日できそうにない……と尻込みしていませんか? 実は運動は必ずしも長時間続けなくても大丈夫なのです。細切れ運動を積み重ね、無理なく脂肪を減らしましょう!

有酸素運動と無酸素運動


運動には「有酸素運動」と「無酸素運動」があります。この表現では有酸素運動は酸素をたくさん必要とし、無酸素運動は酸素をあまり必要としない運動と思われるかもしれませんね。

運動時に使われるエネルギー源の種類(糖質や脂肪など)や強度によって、酸素が使われる比率は変わりますが、同じ運動である以上、どちらの運動も一定量以上の酸素を使い、体内の脂肪もエネルギー源として使われています。

■代表的な有酸素運動……ウオーキング、ランニング、サイクリング、水泳など
■代表的な無酸素運動……短距離走、重量挙げ、ウエイトトレーニングなど


続けて20分以上という時間にこだわらない


誤解されやすいのは、「有酸素運動を20分以上行わなければ、体内の脂肪は使われない」ということ。やせたい場合は一定時間以上の運動を奨められることが多いと思いますが、実はこれには誤りがあるのです。

エネルギー源として使われやすい糖質とは違い、脂肪は体内での保存され方が複雑でエネルギー源として使われるまでに時間がかかるため、このような誤解を生まれてしまったのかもしれません。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >