2017/09/01 17:45

睡眠負債とは? 危ない睡眠負債のチェックと解消法

睡眠不足がたまっている状態の「睡眠負債」。積み重なると、ガンや認知症、うつ病になる可能性も。チェックの仕方と解消法を知っておきましょう。
睡眠不足がたまっている状態の「睡眠負債」。積み重なると、ガンや認知症、うつ病になる可能性も。チェックの仕方と解消法を知っておきましょう。

睡眠負債とは……睡眠の借金? 睡眠不足との違いは?


睡眠と覚醒のリズムは、「体内時計」と「睡眠物質」の2つによってコントロールされています。夜になったら眠くなり、朝になったら目が覚める、というのが体内時計の働きです。一方、長い時間起きていたら睡眠物質が脳にたくさんたまって眠くなり、眠っている間に睡眠物質が分解されて量が減ると目が覚めます。

この睡眠・覚醒のメカニズムから考えると、いくらたくさん眠っても「寝だめ」はできません。私たちは起きている間にたまった睡眠不足を、眠ることで返しているだけなのです。寝だめは「睡眠の貯金」、睡眠不足は「睡眠の借金」とも言えます。そのため睡眠医学では、睡眠不足のことを「睡眠負債」と呼んでいます。

一般的には、毎日の睡眠が足りない量を「睡眠不足」、睡眠不足がたまっている状態を「睡眠負債」と考えるとイメージしやすいでしょう。

睡眠負債が招く心身の健康リスク

睡眠負債が大きくなると、眠気が強くなります。中には自分で睡眠不足を自覚していない人もいて、そんなときは、寝つきが悪いなどの不眠症状として現れることもあります。多くの人で平日と休日の起床時刻の差が大きくなり、週末や休暇には普段より遅い時刻まで眠っています。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >