2017/09/03 12:05

北欧流!狭くても片付く部屋のつくり方

「収納家具を置くと狭くなる」でも「部屋はスッキリでいたい」。そんな願いをかなえてくれる収納とは?
「収納家具を置くと狭くなる」でも「部屋はスッキリでいたい」。そんな願いをかなえてくれる収納とは?
「無理をしない」「頑張りすぎない」ことが大切で、楽しむ余裕をもつのが北欧流の暮らしだとか。とは言え、「狭くても片付く部屋にしたい」というのが私たちの現実。理想の暮らしに一歩近づくために今から取り組みましょう。

ラダー(梯子)スタイルの壁収納

好きな色のラダーを取り付けると部屋のアクセントになる
北欧の子ども部屋でよく見かけるのが、ラダースタイルの収納です。梯子段のような横パイプに、脱いだ服や学習用のカバン、趣味のスポーツ用品などを子ども自身がサッと掛けるだけで片付くようになっています。

北欧では幼いころから生活の場として子ども部屋を作る家庭が多いので、自分の責任で持ち物を管理する習慣づけを行うという、自立を促す北欧ならではの躾のあらわれです。

壁を使っているので家具を置くスペースがいりません。ベッドや机などが必要な子ども部屋にとっては有効な収納法。明日着る服、持っていくカバンなどを用意しておけば、朝の支度がスムーズです。

また、横パイプが天井近くまであるため、成長して背が伸びたら上のほうまで収納として使えます。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >