2017/09/07 20:45

実はがんの初期症状?注意すべき夏バテの症状

夏は体調がなんとなくすぐれないという方も多いのでは? 特に、外は酷暑でも、職場や訪問先はクーラーが効いていて温度差が激しいですよね。
夏は体調がなんとなくすぐれないという方も多いのでは? 特に、外は酷暑でも、職場や訪問先はクーラーが効いていて温度差が激しいですよね。

実はがんの初期症状? 注意すべき夏バテ症状

地球温暖化を実感するほど、このところの夏の暑さは厳しくなっています。エコを心がけクールビズを励行していても、職場や訪問先では空調が良く効いていて、体を冷やしてしまう。

また、汗をかくためか喉も渇き、冷たいお茶をがぶ飲みしてしまう。このような条件が重なって、この時期はどうしても体の不調が出やすい季節です。

しかし、体の不調を夏バテと決めてしまう前に、チェックしておきたいことがあります。ここでは、がんの初期症状を見逃さないための、夏バテ症状チェックポイントをお伝えします。

「食欲がない」は胃がんの初期症状?

昼ご飯といえば、そうめんやざるそば、冷やしうどんに冷麺ばかり。夏場はどうしても、食欲が進まない。これは、暑さの厳しい時期、誰しも経験する一般的なことです。

こんな時には、昼間の飲み物は、冷たいお茶やアイスコーヒー。夜は、ビールで乾杯!という風に体を冷やしていることが圧倒的に多いです。胃腸を冷やすと、何となく食欲が進まず、そのために、また口当たりのよい冷たいものを食べてしまうという悪循環に陥っていることがあります。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

身勝手にふるまってしまいそう。しばられたくなくても、場の調...もっと見る >