2017/08/30 12:20

教育資金不足に直面したときの5つの方法

教育資金が不足するときは、「奨学金」を利用するのも一つの手です。ただし、奨学金は原則、子ども自身の借金。親子でよく話し合って利用することが大事です。
教育資金が不足するときは、「奨学金」を利用するのも一つの手です。ただし、奨学金は原則、子ども自身の借金。親子でよく話し合って利用することが大事です。

どうする?教育資金不足

目前に進学が迫っているのに、教育資金の準備が十分にできていない。あるいは、家計が苦しくて学費どころではない……。でも子どもは進学を希望している。そんな時はどうしたらいいのでしょう?

それでも息子や娘が進学を希望したら、あなたはどうしますか?「自分でどうにかしなさい」、そう言って突き放せる親は、日本ではまだまだ少数派かもしれません。「何とかして希望を叶えてあげたい」と考える親がまだ多いのではないでしょうか。一方で、「教育資金が足りなければ教育ローンを借りればいい」という時代でないことは、そろそろ多くの親が気づき始めていることでしょう。

ではどうしたらいいのでしょう?相談業務の中でもまれに受けることがありますが、最近は、解決のステップを次のように5つに分けて考えています。

・本当に必要な進学か考えてみる
・「学費」を抑える方法を考える
・すでに準備してある教育資金を確認
・奨学金の利用を検討
・必要なら教育ローンを検討する

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >