2017/09/06 22:05

ドラマ『過保護のカホコ』から考える母娘関係

親離れ子離れがテーマのドラマですが、自分の母親との関係に葛藤を抱えている人は、黒木瞳演じるママの毒母っぷりに、心がザワザワするようです。
親離れ子離れがテーマのドラマですが、自分の母親との関係に葛藤を抱えている人は、黒木瞳演じるママの毒母っぷりに、心がザワザワするようです。

「過保護のカホコ」のママに焦点を当ててみる

両親から溺愛されて育てられた純粋培養の箱入り娘が、ひとりの青年との出会いをきっかけに成長していくというストーリーの『過保護のカホコ』。親離れ子離れがテーマのドラマですが、自分の母親に対して複雑な思いを抱えている子育て中のお母さんは、見ていて心がザワザワするようです。

黒木瞳演じるママの言動に焦点を当てながら、母娘葛藤について考えます(ネタバレあり)。

過保護という支配

カホコは、毎朝ママに起こしてもらい、お弁当も作ってもらい、着ていく服もママに選んでもらっていました。自分で選んだ服も好きになった相手もママに全否定される。ママの手の中にいる間は可愛がってもらえるけれど、ママと違う意見を持つことは許されない。

そんなカホコが初めてママに口答えする第3話で、ママはカホコにこう言っています。「カホコはママの言う通りにしていればいいの!」

これは「支配」です。

自立に向かうカホコをあの手この手で引き留めようとするママの子離れのできなさは、このままいくと、深刻な母娘の断絶をもたらす危険性が高くてヒヤヒヤします。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係を始めるのにいい日。社交センスもマナーもカン...もっと見る >